SEO・コンバージョンに優れたワードプレステーマ-Diver-

WordPressの1つの特徴として全体の見栄えを管理する「テーマ」が自由に選べてカスタマイズできるということです。

やはり記事を公開すれば多くの人に読んで欲しいし、アフィリエイトを行っている人であれば1件でも多くのコンバージョンを獲りたい。

巷には多くの「SEO対策」「コンバージョンアップ」を謳ったWordPressテーマがありますが、この記事ではそんな中の1つで人気の「Diver」を紹介します。

WordPressのテーマとは?

WordPressのテーマとは、作成するWebサイトのデザインや構成を変更するテンプレートのことです。

WordPressのテーマは自由にインストールすることができ、自分好みのものを適応することで簡単にサイト全体の見栄えを統一したり、カスタマイズすることができるようになります。

WordPressのテーマを選ぶポイント

WordPressのテーマを選ぶ主なポイントを挙げておきます。

  1. 自分の好みにあったものを選ぶ
  2. SEOを意識したものを選ぶ
  3. レスポンシブ対応したものを選ぶ
  4. ブロックエディター(Gutenberg)対応したものを選ぶ

自分の好みにあったものを選ぶ

自分の好みにあったものを選ぶことはサイト運営を長く続けていく上で非常に重要なポイントです。

見た目が気に入らないものを使っていると、なんだか記事を書くモチベーションも下がります。

更新されなくなったサイトはGoogleやBingなどの検索エンジンからも次第にソッポを向かれて、閲覧数が下がり、そのこともサイトを運営していくモチベーションが下がり、悪循環に陥ります。

SEOを意識したものを選ぶ

WordPressのテーマにはSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)に対応したものが多くあり、そのようなWordPressテーマを選ぶことで、自然とアクセスされやすくなり、サイト運営のモチベーション向上に寄与してくれます。

レスポンシブ対応したものを選ぶ

サイトへのアクセスの多くはスマートフォンからのアクセスに移行している傾向が強くなっています。

昔はパソコンサイト用、スマートフォン(携帯電話)用と分けてページを作成していましたが、現在では1つの記事でパソコンでもスマートフォンでも綺麗にかっこよく見れるサイトを作る技術(レスポンシブ)に対応したWordPrsssテーマが増えています。

必ずレスポンシブ対応したテーマを選択するようにしましょう。

ブロックエディター(Gutenberg)対応したものを選ぶ

WordPress5.0からはそれまでの「テキストエディター」と「ビジュアルエディター」に変わって「ブロックエディタ(Gutenberg)」が導入されました。

ブロックエディター(Gutenberg)はそれまでのコンテンツ作成方法とは全く異なるものなので、最初は扱いづらいものですが、慣れればコンテンツ作成の時間を大幅に減らせるものです。

以前と比べてブロックエディター(Gutenberg)に対応したWordPressテーマは増えてきましたが、まだ対応しきれてないものも残っています。

できるだけブロックエディター(Gutenberg)に対応したWordPressテーマを選択しましょう。

Diverの特徴

Diverは、初心者でも簡単に利用することが可能な高品質高機能なハイスペックワードプレステーマです。

価格

ダウンロード版のみで価格は17,980円(税込)です。

SEO対策

常にSEO対策のことを考えて作られており、有力なSEO効果が得られそうな場合にはすぐにバージョンアップいたします。
また、リッチスニペットにも対応しており、Google等の検索エンジンに優しいため、とても高い評価が得られます。

収益化

ユーザーのアクションを逃さない!隙がないコンテンツ作りをサポートします。
CTAはもちろん、記事ごとに訴求できるアクションポイントが設置できます。
さらに、張り巡らされた内部リンクがユーザを取り込みます。

ユーザー遷移

ユーザーの行動は、Diverが誘導しております。
あなたのサイトのコンテンツを満遍なく、そして無駄なく訪問ユーザーに伝えるためのための仕組みがあります。
長く生き続ける資産となるサイトの構築が可能です。

カスタマイズ性能

HTMLやCSSを全く触らずに、サイトを利用できる上に、サイトのデザインやレイアウトも、直感的な操作で簡単にカスタマイズすることが可能です。
そのカスタマイズ量は、紹介しきれないほど多く、サイトレイアウトも無限大です。

デザイン

アフィリエイトするには信頼感はとても重要です。
Diverでは、膨大な量のサイトを調査して、アクセス・回遊率・再訪問率がもっとも高くなるデザインを研究・実装いたしました。
心理的にも見た目的にも美しいサイトがすぐにご利用いただけます。

サポート

直接のメールサポートが無期限・無制限で利用可能です。
機能に関してはもちろんの事、CSSやHTMLを教えて欲しいというご相談も受け付けております。
また要望等もすべて前向きに検討させていただいて、採用されればすぐにバージョンアップに反映されるのも特徴の一つです。

複数サイトで利用可能

一度購入すれば自分が管理(作成)している複数サイトで利用できます。

開発陣の技術や知識は豊富

開発陣はWebデザイナー2名、システムエンジニア2名で構成されており、最新の情報を元に常にアップデートすることで、SEOで遅れをとることはありません。

Diverの機能

Diverには数多くの機能が実装されており、デザインやレイアウトで悩むことなく記事を書くことに集中できる環境が提供されています。

AMP

投稿ごとにAMPを有効にするか無効にするか設定が可能です。チェック一つで記事をAMPに対応させることが可能。

AMP(Accelerated Mobile Pages)とはGoogleとTwitterで共同開発されている、モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)のことです。

レスポンシブデザイン対応

どんなサイズでも、綺麗なデザインであり続ける。それがユーザビリティーにつながります。

レスポンシブウェブデザイン (Responsive Web Design, RWD)とは、閲覧者の画面サイズまたはウェブブラウザに応じてデスクトップウェブページが閲覧できることを目指したウェブデザインの手法。

SEO対策

最新のSEOを検証してはアップデートしているので、常にSEOに最善のテーマを利用できます。

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」のことで、検索エンジンのオーガニックな検索結果において特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整すること。

カスタマイザー

豊富なカスタマイザーでレイアウトもカラーも自由自在。CSSやHTMLを見ることはほぼ皆無です。

CTA

アフィリエイトに欠かせないCTAも作成可能。時期ごと・記事ごとに変えることも容易です。

CTAとは「Call To Action」の略で「行動喚起」のこと。またはそのためのボタンや画像を配置すること。

LP(ランディングページ)作成

ヘッダーもフッターもない真っ白なページでLPが作成できます。
CSSやショートコードはもちろん使えます。

LP(ランディングページ、Landing Page)とは、訪問者のアクションを誘導することに特化した縦長のレイアウトのページのこと。

SNS連携

SNSボタンやSNS共有の設定は全て標準装備されています。
表示したいボタンのカスタマイズも可能になっています。

HTML5

HTML5とCSS3に準拠して作成されています。
構造化も意識して可読性抜群で根本からのカスタマイズも容易に可能です。

ウィジェットエリア

自由に設置出来るエリアを複数配置することができます。
最適な位置で自由にパーツを表示することができます。

ショートコード

多くのショートコードが標準で用意されています。
投稿画面にショートコードボタンを表示して投稿が楽になります。

入力補助

Diverだけの機能で文章を装飾するものほとんどが簡単に便利に設置できるようになりました。
ボタン、バッジ、囲い枠、区切り線、アイコン、グリッドレイアウト、引用、横棒グラフ、吹き出し、口コミ、会話、ランキング、レビュー星、Q&A、コード、トグルが独自でCSSなどを指定することなく、専用入力ボックスに内容を記述するだけで実現できます。

バージョンアップ

Diverのアップデートは原則永久に無料でワンクリックで最新バージョンにアップデート可能です。

まとめ

Diverは初心者でも簡単に高品質、高機能なサイトをを作り上げることができるようにと作られたWordPressテーマです。SEO対策やコンバージョン率のアップにも注力されたオススメWordPressテーマです。

Diverは初心者でも簡単に利用可能な高品質高機能なハイスペックワードプレステーマです。

Diverは初心者でも簡単に利用可能な高品質高機能なハイスペックワードプレステーマです。

料金 12,980円 (税込)
複数サイト 使用可能
商用利用 使用可能
SEO対策 対応済み
サポート メール

タイトルとURLをコピーしました