Oracle

スポンサーリンク
SQL Server

SQLの基本-INSERT,UPDATE,SELECT,DELETE-

アプリケーションでSQLを利用してデータベースのデータを扱う上で重要な構文が「INSERT,UPDATE,SELECT,DELETE」の4つです。その基本を解説します。
2020.01.29
SQL Server

GROUP BYとHAVINGを使ってデータの重複を探しだすSQL

SQLでGROUP BYとHAVINGを使ってデータの重複を探して見ます。
2019.12.11
SQL Server

ORDER BYでNULLのカラムをASCでソートした時に最後に表示する方法

SQLServerで何も考慮せずに「ORDER BY」するとNULLのカラムは最後に表示されます。CASE WHENを利用してそれを回避します。
2019.11.14
SQL Server

NULLの検索はIS NULL演算子を使う

SQLでNULLのカラムを含む行を検索するには「WHERE カラム名=NULL」ではなく「WHERE カラム名 IS NULL」を使います。「WHERE カラム名=NULL」では検索できません。
2019.12.09
SQL Server

SQLServerでダミーテーブルを使ってみる

SQLServerで実際に存在するテーブルからではなく架空(ダミー)のテーブルに対してSELECTを発行することができます。このようなSQLは現在時刻を取得するときなどに便利な方法です。Oracleで現在日付けなどを取得する際に利用するダミーテーブルは「DUAL]ですが、SQLserverの場合はこれに対応するテーブルはありません。
2019.12.09
SQL Server

「INNER JOIN」「LEFT OUTER JOIN」「RIGHT OUTER JOIN」「FULL OUTER JOIN」についてまとめ

SQLでよく使う「INNER JOIN」「LEFT OUTER JOIN」「RIGHT OUTER JOIN」「FULL OUTER JOIN」についてのまとめです。
2019.12.09
SQL Server

CASE WHEN を使って条件ごとの件数を取得する

あるテーブルに状態を表すフラグを持たせることはよくあります。その状態を条件ごとに振り分けて件数をそれぞれの件数を取得します。
2019.12.09
SQL Server

集計関数COUNT()でのNULLの扱い

集計関数のCOUNT()は条件にマッチするレコードの件数を数えるのに使われます。注意が必要なのはNULLを含む項目とNULLを含まない項目では動作が異なります。
2019.12.09
SQL Server

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する

社員マスタなどで最新のレコードのみをSQLで取得して利用するような場面はよくあるかと思います。そこでSQLを使って最新日付データを取得します。
2019.12.09
SQL Server

CASE WHENを使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐する

CASE WHENを使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐します。複数おなじSQLを書く必要がないのでメンテナンスもやりやすくなります。
2019.12.09
SQL Server

ISNULL()関数を使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐する

ISNULL()関数を使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐させます。一部が違うだけで同じようなSQLを複数回書かなくてよいのでメンテナンス性もよいかと思います。
2019.12.09
SQL Server

既に存在するテーブルに他のテーブルからデータをINSERTする方法

既に存在するテーブルに他のテーブルからデータをINSERTする方法です。
2019.12.09
Oracle

SQLを少しでも高速化するためのチューニング

SQLを少しでも高速化するためのチューニング
2019.12.09
SQL Server

SQLでCASE~WHENを使ってみる(2)

SQLでCASE~WHENを使ってみる(2)ですが、WHENの後に評価させる式を書くことも可能なようです。
2019.12.09
SQL Server

SELECTでUNIONは複数個使える

SELECTでUNIONは複数個、連続して使えるようです。複数のSELECT結果を1つとして扱うのに便利です。
2019.12.10
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました