レンタルサーバー

WordPressを運用するなら高速SSD搭載のMixHostがおすすめ

投稿日:2017/04/18 更新日:

当サイトは約5年間、さくらのレンタルサーバで運用させて頂きました。

何かトラブルがあったわけではないのですが、WordPressの表示速度を速くしたくてSSD搭載のレンタルサーバーで運用してみることにしました。

いろいろなサーバーを検討しましたが、今回はレンタルサーバーのサービスとしては比較的新しいMixHostで運用を始めることにしました。

レンタルサーバー「MixHost」

レンタルサーバーの「MixHost」はアズポケット株式会社が運営するレンタルサーバーです。

今回MixHostを選択した理由は大きく3つあります。

  1. SDD搭載でWordPressの表示速度向上が見込める
  2. 低価格で運用できる
  3. WordPressの運用が簡単にできる

です。

SDD搭載でWordPressの表示速度向上が見込める

MixHostは全プランでSSDが利用できます。
SSDは一般のHDDい比べてアクセス速度が速いのでWordPressのデータ読み込みに関しても速度の向上が見込めます。

低価格で運用できる

MixHostは月額480円から運用でき、とてもリーズナブルにWordPressサイトが運用できます。

今回、当サイトは他のサイトも同時に運用するのでスタンダードプランで運用を始めました。
各プランの主な機能は以下の通りです。

サービスプラン スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス エンタープライズ
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
月額 880円 1,780円 3,580円 7,180円 14,380円
ディスク SSD 50GB SSD 70GB SSD 120GB SSD 160GB SSD 200GB
メモリ 3vCPU/2GBメモリ 4vCPU/4GBメモリ 6vCPU/8GBメモリ 8vCPU/16GBメモリ 10vCPU/32GBメモリ
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
メールアドレス 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
MySQL 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
PHP PHP7/PHP5対応 PHP7/PHP5対応 PHP7/PHP5対応 PHP7/PHP5対応 PHP7/PHP5対応
自動バックアップ 標準搭載 標準搭載 標準搭載 標準搭載 標準搭載
無料お試し 10日間無料お試し 10日間無料お試し 10日間無料お試し 10日間無料お試し 10日間無料お試し

WordPressの運用が簡単にできる

WordPressの運用が簡単にできるですが、これはインストールは「CPanel」と呼ばれる管理画面からアイコンを選択してインストールするだけなので、とても簡単に終わります。
「CPanel」が使いこなせるか少し不安でしたが、すべての機能がアイコンで表現されていますしHELPもあるので、これまではあまり困ったことはありません。

高速性の追求

MixHostでは徹底的にWordPressの高速化に重点が置かれています。
特に「高速性を追求し、一般的なWebサーバーであるApacheよりも数十倍~数千倍高速で 完全な互換性を持った「LiteSpeed」Webサーバー」が日本で初めて採用されていたり、WordPressをより高速化する「LiteSpeed Cache」を標準で提供されています。
「LiteSpeed Cache」はWordPressプラグインとして提供されているのでWordPressの管理画面で有効化するだけでWordPressの表示速度の向上が見込めます。

SSLが無料で簡単に使える

MixHostでは、独自ドメインを設定する際に「https://」で登録すると自動で独自SSLが利用できるようになります。
しかも無料で独自SSLが利用できます。
当サイトはSSL化しませんでしたが、同時並行で運用しているサイトは独自SSLを利用して運用しています。
(と言ってもドメインを設定するときに「https」って指定しただけですけど。)

その他のおすすめポイント

MixHostのその他のおすすめポイントですが、何と言っても質問に対する回答が速いです。

これまでも3回ほどメールで問い合わせしましたが、どれも1時間以内には回答をもらいことができました。
これは初めて使うレンタルサーバーでは不安を払しょくできる大きなポイントだと思います。

WordPressを簡単に高速で運用するならレンタルサーバーにはMixHostをおすすめします。

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方ですが、最近ではブログを立ち上げて、そこから広告収入を得る「アフィリエイト」が随分一般的になりました。 私の周りでも実際にやっている人が多くいます。 アフィ ...

プログラミング 2

SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見ました。 SQLでIFを使わずに条件 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでは「ユーザー定義型」と呼ばれる独自のテーブル型をした戻り値を返す関数を作成することができます。 その作り方と使い方を解説します。 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を ...

5

アフィリエイトでいきなり成果を出すのは難しいです。 でも、成果がないとレンタルサーバー代やドメイン代がペイできません。 しかも長い間、結果がでないとやる気もなくなってしまいます。 そういったことを防ぐ ...

-レンタルサーバー
-, , ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2018 All Rights Reserved.