T-SQL

スポンサーリンク
SQL Server

SQLServerのVIEWに対するデータの挿入・更新

SQLServerでは複数のテーブルを結合した状態を1つのテーブルのように扱えるVIEWという機能があり、VIEWを使うと複雑なSELECT文を一度書くだけでそのSELECT結果自体をテーブルのように扱えます。INSERTやUPDATEもそのデータが影響を与えるテーブルが1つの場合は通常のテーブルと同じようにINSERTやUPDATEが行えます。
SQL Server

SQL ServerのSELECTとSETで変数代入時の違い

SQL Serverで変数を代入する場合には「SELECT」「SET」のどちらでもできますが、それぞれに少しだけ違いがあります。その違いを理解したうえで使用しないと、思わぬ不具合を発生させることにも成り兼ねないので注意しましょう。
2020.10.28
SQL Server

直前のINSERTで自動採番したIDENTITY列の値を取得する

SQLServerのIDENTITY属性の列をテーブルにデータをINSERTし、その挿入された値を直前に挿入された値を取得するには「@@IDENTITY」を利用すれば取得できます。
SQL Server

SELECTで別名・エイリアスが使えるかはSQL実行順序で決まる

SELECT文の中で別名(エイリアス)が使える、使えないは、それぞれの句のSQL実行順序で決まります。SQLServerの実行順序はFROM、ON、JOIN、WHERE、GROUP BY、WITH CUBE または WITH ROLLUP、HAVING、SELECT、DISTINCT、ORDER BY、TOPの順です。
2020.10.29
SQL Server

SQLServerのLEN関数は文字列の後ろの空白は無視する

SQLserveのLEN関数は文字数をカウントしてくれるが後ろの空白は無視される。
2020.01.29
SQL Server

SQLServerではTRIM関数がありません

SQLServerではOracleやMySQLなどでサポートされている空白を取り除くTRIM関数がないので、カラムの前後の空白を取り除くにはLTRIM関数とRTRIM関数を組み合わせて実現します。※SQLServer 2017でTRIM関数が追加されました。
2020.11.05
SQL Server

SQLで存在しない行を生成し固定行数で処理したい時に役立つ方法

帳票データなどで登録されているデータ数に左右されず、固定行数でデータを取得したい場合があります。キー内で複数行のデータを管理しているデータから固定の行数分情報を作り出して取得するSQLです。
2019.11.19
SQL Server

SQLServerで「WITH ROLLUP」を使って小計、総合計を出力する

SQLServerでは「WITH ROLLUP」を利用すると簡単に小計、総合計を出力することができます。そのサンプルです。
2019.11.19
SQL Server

TOP句で変数を使ってSQLを1行にする

Transact-SQL(T-SQL)のTOP句で変数を使ってSQLを1行にする
2019.12.09
SQL Server

SQLServerの再帰SQLで最大再帰数の指定

再帰SQLで「ステートメントが終了しました。ステートメントの完了前に最大再帰数 100 に達しました。」が発生しました。どうやら最大回数が設定できるようです。
2019.12.09
SQL Server

SQLServerの再帰SQLで歯抜けの日付データを取得する

日付を管理しているテーブルから共通テーブル式と再帰SQLを使って歯抜けの日付データを取得する
2019.12.09
SQL Server

SQLServer上にあるテーブルの更新日時を取得する。

ストアドプロシージャーの更新日時を調べるSQLを見つけましたがtype_descに「'USER_TABLE'」を指定するとテーブルレイアウトの更新日時が取得できます。
2019.12.09
SQL Server

SQLServerで日付の重複をSQLで検索する

SQLで開始日付、終了日付の期間の重複を検索する。マスタデータなどの有効期間の重複チェックに使えると思います。
2019.12.09
SQL Server

SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する2

SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する2
2019.12.09
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました