プログラミング言語まとめ

このカテゴリーではプログラミング言語に関する記事をまとめます。

スポンサーリンク
JavaScript

ReactにFont Awesomeを組み込む方法

ReactにFont Awesomeを組み込んで表示させるにはreact-fontawesome を使います。react-fontawesomeはnpmコマンドなどでインストールし利用します。
JavaScript

Reactで子コンポーネントから親コンポーネントの値(State)を変更する方法

Reactで子コンポーネントから親コンポーネントの値(State)を変更するには親コンポーネントを変更するコールバック関数作成し、その関数を子コンポーネントへpropsを通じして渡すことで、子コンポーネントから親コンポーネントの値(State)を変更することができます。
JavaScript

Javascriptでクラス名を取得する方法。this.constructor.name

Javascriptで自分自身のクラス名を取得するのに一番簡単な方法はconstructorのname属性を参照する方法です。
2021.08.17
スポンサーリンク
JavaScript

Next.jsでnext.config.jsを使って環境変数をあつかう方法

Next.jsにはシステム内で利用できる環境変数の設定をnext.config.jsというファイルを使って行えます。next.config.js内ではNext.jsが起動されたモード(phase)を知ることができるので、デバッグ時、本番環境時などで環境変数を切り替えることもできます。
JavaScript

Material UIコンポーネントのStyleをオーバライドし活用する方法

Material UIコンポーネントのStyle をオーバライドするにはcreateMuiThemeを使ってオーバライドし、そのStyleを適応するにはMuiThemeProviderを使うと簡単に共通化したStyleの Material UI コンポーネントを作成することができます。
2021.10.27
JavaScript

ReactコンポーネントのPropsにデフォルト値を設定するdefaultPropsの使い方

defaultPropsを使えばロードされる側のReactコンポーネントでデフォルト値を設定できるので、万が一渡されなかった場合でも描画を正常に行うことができます。
2021.07.21
JavaScript

Next.jsで呼び出されたURLパスを取得する方法(Functionコンポーネント編)

Next.jsで呼び出されたURLパスを取得するにはuseRouterオブジェクトを使います。
JavaScript

Reactで1つのコンポーネントから複数のDOM要素を返す方法

Reactの1 つのコンポネントから複数のDOM要素を返したい時はReact.Fragmentタグを使えば警告の出ず、かつ余分なdivタグなどを使うこと無いJSXを書くことができます。
2021.07.19
JavaScript

Next.jsにMaterial UIを組み込んでReactで使う方法

Googleが提唱するマテリアルデザインをベースに開発された、コンポーネントライブラリMaterial-UIを使えば簡単にサイトをマテリアルデザインに対応することができます。React の相性も良く、普通のHTMLタグのようにMaterial-UIコンポーネントを呼び出すだけで使うことができます。
2021.10.27
JavaScript

Next.jsでReactを使った開発環境を作成する方法

Reactを利用してアプリケーションを作成する環境を作るには「npx create-react-app」もしくは「npx create-next-app 」コマンドを実行するだけで簡単に準備することができます。
2021.06.26
JavaScript

Next.jsで静的HTMLを出力(build)する方法

Next.jsでSSR(Server Side Rendering)するファイルを静的なHTMLに変換して出力する方法です。静的HTMLを出力するにはNext.jsのbuild コマンドを実行します。
JavaScript

Next.jsのポート番号を変更する方法

Next.jsでは起動時のポート番号が3000に設定されています。これを他のポート番号に変更するには-pオプションを付加して起動します。
JavaScript

npmでpackageのバージョンを調べる方法

npmでpackageのバージョンを調べるには「npm info [バージョンを調べるpackage名] version」を使います。
JavaScript

Next.jsでReactをSSR(Server Side Rendering)する

Next.jsを使ってReactのコンポーネントをSSR(Server Side Rendering)して表示してみます。
PowerShell

PowerShellでtailコマンドを実装する方法

LinuxなどにあるtailコマンドをWIndows10のPowerShellにあるGet-Contentコマンドレットで実装します。
2021.03.26
Python

Pythonでスクレイピングをする方法

Pythonでスクレイピングをするにはbeautifulsoup4モジュールとrequestsモジュールを使えば簡単にスクレイピングを行うことができます。
2021.02.28
Python

PandasのSeriesで重複した値のあつかい

PythonのPandasのSeriesで重複した値のあつかいには「重複を許す」「重複を1つの値にする」「重複を削除する」の3つの動作が可能です。重複を削除するにはdrop_duplicatesメソッドを使います。この記事ではSeriesで重複した値のあつかいについて解説します。
Python

Pythonで独自モジュールのディレクトリパスを通す方法

Pythonで独自モジュールのディレクトリパスを通す方法は、環境変数「PYTHONPATH」を設定、sys.path.append()で設定、.pthファイル作成の3つの方法があります。
Python

PythonのFlaskでEXCELファイルをダウンロードさせる方法

PythonのFlaskでEXCELファイルをダウンロードさせるにはFlaskのmake_responseを使います。今回はopenpyxlモジュールを使ってEXCELファイルを生成し、そのEXCELファイルをFlaskでクライアント(ブラウザー)にダウンロードさせます。
Python

PythonのopenpyxlモジュールでEXCELにデータを書き込む方法

PythonでEXCELにデータを書き込むにはopenpyxlモジュールを使うと簡単に行うことができます。この記事ではopenpyxlでEXCELファイルを新規作成し、セルにデータを書く方法を解説します。
2021.02.04
Python

PythonプログラムをpyinstallerでWindowsのEXEファイルにする方法

Pythonのプログラムは通常テキストファイルに書かれたスクリプトファイルをPythonコマンドで読み込ませて処理を実行します。このスクリプトファイルをpyinstallerを使えばWindows上で動作する「EXEファイル」にすることができます。この記事ではpyinstallerの使い方を解説します。
Python

Pythonが学べるプログラミングスクール

Pythonは注目のAIや機械学習のプログラミングを行うのに最適なプログラム言語の1つです。この記事ではPythonが学べるプログラミングスクールをご紹介します。
2021.07.10
Python

Pandasの複数のSeriesを連結する方法

PandasのSeriesはappned、concatを使って連結することができます。appnedは2つのSeriesを連結することができ、concatはリスト(list)で連結するSeriesを渡すので2個以上のSeriesを連結することができます。またappnedでもconcatでもignore_indexキーワード引数を使うことでインデックスラベルの振りなおしを行うことができます。
2021.01.28
Python

PandasのSeriesが持つ属性

PythonのPandasが持つSeriesにはSeriesに名称をつけたり、サイズ(長さ)を取得出来たりなどの多くの属性が設定されています。この記事ではこの記事ではその属性の解説をします。
Python

PandasのSeriesで演算操作を行う

PandasのSeriesオブジェクトの四則演算はインデックスを指定せずにSeriesに対して演算を行うと要素それぞれに演算が行われると言う特徴を持っています。
2021.01.22
Python

Pandasで使うSeriesのスライスによるインデックス参照

Pandasモジュールで作られるSeriesオブジェクトも通常のリストと同様にスライスによるインデックス参照が行えます。インデックス参照はインデックスラベルで行う方法と整数の位置インデックスで行う2つの方法があります。
2021.01.22
Python

PythonのFlaskで標準出力のログを出さないようにする方法

PythonのFlaskで作成したアプリケーションで標準出力に出力されるログを出力させないようにする方法です。
Python

Pandasを使ったSeriesの作り方と値の追加・更新・削除

Pythonのモジュールの1つでデータ分析を効率的に行うことができるように行列データを扱いやすくしたり、集計を行ったデータを簡単に可視化したりできるものです。この記事ではPandasの基本データ構造の1つであるSeriesの作り方と値の追加・更新・削除を解説します。
2021.01.22
Python

Pythonのvenvを使った仮想環境の作り方と使い方

Pythonのvenvは簡単に仮想環境でPythonの実行環境を作成することができます。
Python

Pythonで配列(List)を文字列として連結する方法

Pythonで配列(List)を文字列として連結するにはjoin()を使います。初期期は「"接続したい文字列".join( 連結するリスト)」です。戻り値はstrになります。
Python

Pythonでファイルの更新日付(タイムスタンプ)を取得する方法

ファイルの更新日時(タイムスタンプ)を取得するにはos.stat_resultオブジェクトの属性のst_mtimeを利用します。
2021.01.18
CSS

CSSのfocus-within擬似クラスの使い方

CSSには子要素がフォーカスを取得した時に発生するfocus-withinという疑似クラスがあり、focus-withinを使えば、要素のフォーカス取得時の見た目の変更が容易になります。
C言語

C言語の「i++」と「++i」の違い

C言語の「i++」と「++i」。似ているようで処理される順番が違います。具体例を見ながらその違いを確認します。
Python

PythonのFlaskで配列と辞書をテンプレートに渡す方法

Python側で作成した配列や辞書の変数をFlask(jinja2)のテンプレートで受けるにはFor文を使って簡単に受け取ることができます。
2021.01.18
C言語

C言語の配列の宣言方法、初期化、ポインタ、関数などの使い方

C言語にも他の言語と同様に配列(array)が使えます。配列は同じ型のデータ(値)をひとまとまりの塊として扱うのに便利なものです。この記事ではC言語の配列の宣言方法、初期化の方法、要素の指定方法などをまとめていきます。
C言語

C言語の関数ポインタでディシジョンテーブル(決定表)を作る

C言語の関数ポインタを使ってディシジョンテーブル(決定表)を作って処理を分岐させると、IF文を減らすことができ、処理の追加などでもディシジョンテーブル(決定表)を修正するだけで済むようになります。
CSS

display:flexでdiv要素を横に並べる

CSSを使って要素を横並びにするには「display:flex」を使って子の要素を囲むだけでOKです。
CSS

CSS3のpx,%,em,remの使い方

CSSではフォントのサイズなどを指定する方法に4つの単位が存在します。それぞれの意味と使い方をまとめておきます。
2021.10.26
CSS

CSSのpositionプロパティのabsoluteとrelativeの使い方

positionプロパティのabsoluteは親要素からのずれる位置、relativeは本来表示されるべき位置からずれる位置を表現する値です。absoluteとrelativeでその後に表示される要素への影響も異なるので注意して使いましょう。
2020.10.30
HTML

HTMLでテキストの表記方向指定するタグ「bdo」

HTMLでbdoタグを利用すればテキストの表記方向を「左から右(ltr)」、「右から左(rtl)」と制御して表示することができます。
2021.02.04
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました