SQL

スポンサーリンク
SQL Server

SQLの基本-INSERT,UPDATE,SELECT,DELETE-

アプリケーションでSQLを利用してデータベースのデータを扱う上で重要な構文が「INSERT,UPDATE,SELECT,DELETE」の4つです。その基本を解説します。
MySQL

MySQLでカラムの値がNULLかどうか判定するにはIFNULLを利用する

MySQLでカラムの値がNULLかどうか判定するには「IFNULL」関数を利用します。
2019.11.11
MySQL

MySQLで当月のカレンダーを作成する方法

MySQLで当月のカレンダーを作成するSQLです。当月の末日を求めて、それを利用してカレンダーを作成します。
2019.11.11
スポンサーリンク
SQL Server

SQLServerでカーソルを使う方法

SQLServerにはCURSOR型」が用意されています。「CURSOR型」の使い方を解説します。
2019.11.11
SQL Server

SQLServerで断片化したインデックスを再構築する方法

SQLServerで断片化したインデックスが発生するとSQLのパフォーマンスが遅くなることがあります。断片化したインデックスを再構築しインデックスるの断片化を解消する方法です。
2019.12.10
SQL Server

SQLで検索結果を縦横変換する

SQLで取得した各行を一定のくくりで横に表示させたいときがあります。そんなときはSQLで縦横変換を行います。
2019.11.19
SQL Server

SQLServerではTRIM関数がありません

SQLServerではOracleやMySQLなどでサポートされている空白を取り除くTRIM関数がないので、カラムの前後の空白を取り除くにはLTRIM関数とRTRIM関数を組み合わせて実現します。
2019.11.19
SQL Server

SQLで存在しない行を生成し固定行数で処理したい時に役立つ方法

帳票データなどで登録されているデータ数に左右されず、固定行数でデータを取得したい場合があります。キー内で複数行のデータを管理しているデータから固定の行数分情報を作り出して取得するSQLです。
2019.11.19
SQL Server

SQLServerで「WITH ROLLUP」を使って小計、総合計を出力する

SQLServerでは「WITH ROLLUP」を利用すると簡単に小計、総合計を出力することができます。そのサンプルです。
2019.11.19
SQL Server

SQLServerのテーブルに設定されているインデックスをSQLで検索する

SQLServerでテーブルに設定されているインデックスを検索するにはsys.indexesから情報をSelectします。
2019.12.06
SQL Server

指定した列名がどのテーブルで使用されているか検索するSQL

指定した列名がどのテーブルで使用されているか検索するSQLです。列名の変更や型の整合性などを見る時にすべてのテーブルから列名を探しだすと楽にチェックすることができます。
2019.12.06
SQL Server

SQLで大文字、小文字変換を行う

SQLで大文字⇔小文字変換を行うには「UPPER関数」と「LOWER関数」を利用します。「UPPER関数」と「LOWER関数」の利用方法を解説します。
2019.12.09
SQL Server

SQLServerで文字列を反転させるREVERSE関数

SQLServerで文字列を"012345"を後ろから並び変えて"543210"のように反転させるにはREVERSE関数を利用します。REVERSE関数の利用法を解説します。
2019.12.13
SQL Server

GROUP BYとHAVINGを使ってデータの重複を探しだすSQL

SQLでGROUP BYとHAVINGを使ってデータの重複を探して見ます。
2019.12.11
SQL Server

SQLServerのテーブルロック状態を取得するSQL

SQLServerのデッドロックを調査している中でロックの状態を調べるSQLがあることが判明したのでメモします。
2019.12.09
SQL Server

SQLServerで春分の日と秋分の日をSQLで求める計算式

春分の日と秋分の日は毎年違うので計算で春分の日と秋分の日をSQLで求めてみます。
2019.12.09
SQL Server

指定された月の日数をSQLで求める

SQLで指定された月の日数を計算する処理です。「9999/12」以外はきちんと計算できます。
2019.12.09
SQL Server

NULLの検索はIS NULL演算子を使う

SQLでNULLのカラムを含む行を検索するには「WHERE カラム名=NULL」ではなく「WHERE カラム名 IS NULL」を使います。「WHERE カラム名=NULL」では検索できません。
2019.12.09
SQL Server

SQLServerでテーブルの存在を確認する

SQLServerでは「dbo.sysobjects」から「id」を検索することにより、そのテーブルが存在するかどうか確認することができます。
2019.12.09
SQL Server

SQLで西暦から和暦変換を行う

SQLServerで指定された西暦の年月日を和暦の年月日に変換するSQLです。
2019.12.09
SQL Server

CASE WHEN を使って条件ごとの件数を取得する

あるテーブルに状態を表すフラグを持たせることはよくあります。その状態を条件ごとに振り分けて件数をそれぞれの件数を取得します。
2019.12.09
SQL Server

集計関数COUNT()でのNULLの扱い

集計関数のCOUNT()は条件にマッチするレコードの件数を数えるのに使われます。注意が必要なのはNULLを含む項目とNULLを含まない項目では動作が異なります。
2019.12.09
SQL Server

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する

社員マスタなどで最新のレコードのみをSQLで取得して利用するような場面はよくあるかと思います。そこでSQLを使って最新日付データを取得します。
2019.12.09
SQL Server

SQLServerでDEFAULT制約付きのカラムの属性を変更する

SQLServerでDEFAULT制約付きのカラムの属性を変更する場合は、一旦付与されている制約を外してから変更しなければエラーになります。
2019.12.09
SQL Server

CASE WHENを使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐する

CASE WHENを使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐します。複数おなじSQLを書く必要がないのでメンテナンスもやりやすくなります。
2019.12.09
SQL Server

ISNULL()関数を使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐する

ISNULL()関数を使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐させます。一部が違うだけで同じようなSQLを複数回書かなくてよいのでメンテナンス性もよいかと思います。
2019.12.09
SQL Server

SQLServerの再帰SQLで最大再帰数の指定

再帰SQLで「ステートメントが終了しました。ステートメントの完了前に最大再帰数 100 に達しました。」が発生しました。どうやら最大回数が設定できるようです。
2019.12.09
SQL Server

SQLServerの再帰SQLで歯抜けの日付データを取得する

日付を管理しているテーブルから共通テーブル式と再帰SQLを使って歯抜けの日付データを取得する
2019.12.09
SQL Server

SQLServer上にあるテーブルの更新日時を取得する。

ストアドプロシージャーの更新日時を調べるSQLを見つけましたがtype_descに「'USER_TABLE'」を指定するとテーブルレイアウトの更新日時が取得できます。
2019.12.09
SQL Server

SQLを使っていろいろなやり方で年月を抜き出す

SQLを使っていろいろなやり方で年月を抜き出す
2019.12.09
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました