自分が「うつ病かな?」と思ったサイン

先日、10年近く「うつ病」で通院した「心療内科」の受診を卒業しました。

いや、勝手に「卒業」しました。

処方されている薬も、もう何年も飲んでないし、病院行っても「何か変わったことは?」「別にありません」「では、次は〇〇月〇〇日で予約取っておきます。」で終わるんで、あまり意味ないかと。

ということで、このタイミングで一度自分が「うつ病かな?」と思ったサインをまとめておこうかと。

そうすれば誰かの役にたつのかもくらいの気分で書きます。

スポンサーリンク

自分が「うつ病かな?」と思ったサイン

原因は仕事上、家庭上のストレス。

まぁ、良くある話です。

「うつ病かな?」と思ったサインはいくつもある

自分が「うつ病かな?」と思ったサインはいくつもあります。

でもどうしても「自分がうつ病になんてなるわけない。仕事も休めないし」と思い、出勤を続けてました。

その時の「おかしなサイン」は以下のことです。

毎朝、会社休む理由を探す

朝起きて、トイレをしているときに、どうしても会社に行きたくなくなります。

で、「どうすれば会社を休めるのか?」という「理由」を一生懸命考えます。

「おなか痛い」「熱がある」「家族が病気」「急用で」・・・でもどれもしっくりいかず、悩んでいる間に出社する時間になるので、仕方なく出社。

会社での視線が気になる

誰も自分のことを見ているわけではないのでしょうが、ずっと背後からの視線を感じてしまいます。

自分の席でパソコンに向かって仕事をしていても「ずっと」見られている感じ。

そのうちに自分の席に座っているのが辛くなってきました。

で、タバコを吸うかトイレに逃げるか・・・

自分の発言が気になる

会議などで自分が他者の意見に反論などをした場合に、後から(大抵帰宅時の電車の中で)「あ、あの言葉はきつかったか」「相手を傷付けなかったか」「要らんことを言ってしまった」などなど、もう取り返しがつかないのに、あれこれとクヨクヨ。

ずっとそのことが頭から離れなくなる・・・

それを繰り返していると、メール書いたり、電話したり、会議に出たりすることが段々と苦痛になってきました。

いくら寝てもずっと寝れる

休みの日はとにかく「眠い」。昼寝をすると何時間もねてしまうことも。

でも眠い。

しかも寝てる間はずっと「半分起きているような、夢を見ているような」感覚で寝た気がしない。

だからずっと眠いの繰り返し。

すぐに怒る

普段なら何でもないことでもものすごく腹立たしいことが増える。

定時後にかかってくる後輩からの電話や、メールでの問い合わせ。

普段なら何とも思わないが「今ごろ電話してきやがって!!」となる。

メールも次の日の対応でも良いのに、読んで「なんで俺に聞くの?自分で調べろ!!」なんて思ってしまう。

明らかに沸点が下がってくる。

命が終われば楽なのにと考え始める

こういったことを繰り返していると、ふと「このまま命が終われば楽なのに」なんて考え始めます。

実際は「怖くて」できなかったですが、何度も頭の中では「あぁ、終わりにしよう」と考えました。


この辺りまで来ると危険ですね。


幸いにも私はこのタイミングで心療内科の病院へ行きました。
で、薬飲んで、仕事休んで。
なんとか今を生きてます。
運が良かったのでしょう。

まとめ

もしかして「自分もおかしいかも?」と思ったら迷わず病院へ行きましょう。

それでなければそれでいいし、もしそうなら早く治さないと取り返しがつかなくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
このサイトをフォローする
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました