通勤電車で襲ってくる強烈な便意が劇的に改善する方法

朝の通勤電車で強烈に襲ってくる便意、経験ありませんか?

普通の人はあっても数回、もしくは1度もないという運の良い人がいるかもしれません。

私は...ほぼ毎日です。

スポンサーリンク

通勤電車で襲ってくる強烈な便意怖い

私は20数年「過敏性腸症候群」という難病(?)と付き合っています。

この病気はとにかく「お腹の調子が悪い」が頻発します。

始めは「お腹壊したかな?」という程度だったのですが、だんだん、「ん?今日も調子わるいなぁ・・・」「あれ?なかなか治らないよ。」と思っているうちに
いつの間にやら「トイレに行けない状況」が続く、もしくはこれからそういう状況に身を置くと思うだけです便意が襲う様になって来ました。
(完全にパニック状態です。)

外出が出来なくなってきます

実はこの病気、ひどくなると外出が出来なくなります。

外出すると「また、お腹痛くなるかも」とか「トイレないかも」と思うだけで実際にお腹が痛くなり、便意をもよおします。

実際にトイレに行けば少しは収まるので、「さぁ、外出」と玄関を出て歩き始めたとたん「ぎゅるぎゅる」っとお腹がなって「うっ、ヤバイ」と家に向かってUターンです。

これを繰り返すと外出は本当に必要最低限になり、どこにも行けなくなります。

でも会社には行かなければならない

でも、会社員の私は「会社に行かない」と言うわけには行かないので、満を持して「朝の通勤電車」に乗るのです。

でも、「電車に乗る」=「その間はトイレに行けない」と思うとやはりお腹が「ぎゅるぎゅる...ヤバイ」になるわけです。で、遅刻と。

遅刻を毎日するわけには行かないので、少し早い時間に家を出て「いつでもトイレに行ける(途中下車できる)」状況を作って家を出るます。

でもそれでも何度も途中下車していると間に合わない、で、遅刻。

仕方がないもう少し早く家を出て・・・とやっているうちに1時間以上早く家を出るというとんでもない事になりました。

しかもあせって途中下車したのに駅のトイレの個室が満杯で長蛇の列とか、この世の終わりの様な地獄を味わうわけです。

通勤電車でもお腹が痛くならない画期的な方法があった

もう諦めて毎日1時間以上早く出て通勤していたのですが、あまりにも辛いので、いろいろ試したところ画期的な方法に出会い、それで劇的に改善されました。

その方法は
朝ごはんを家で食べずに会社で食べる
です。

「え?そんなこと?」と思われるかも知れませんが、私はこれで劇的に改善されました。

やり始めて半年ほど経ちますが、これまでに途中下車したのは1回だけ。しかも遅刻0回。立派なものです。

朝起きて、朝ごはんを食べると腸が動くので便意をもよおすと言う事で、これを強制的に会社に着くまでずらす。

そうするとお腹が痛くなっても会社なのでトイレはあるし、個室が満杯と言う事もほぼない。

そうすると安心感が持てるのでお腹が痛くなりにくい。

すべて好循環です。

あとは少し余裕を持って電車に乗って、特急や急行なんて乗れないので各駅停車でのんびりとね。

で、運良く座れたら、すかさず「寝る」。

寝てるとお腹痛くなりません。

これは本当に私には効果あります。

同じような症状で苦しまれている方は一度お試しあれ。

追伸

電車、トラブルで止めないで下さい。

私の様な乗客は「閉じ込められた」が例え数分でも「恐怖の腹痛」が襲ってきます。

踏切の無理な横断、車内でのトラブルなどで、電車止まった瞬間にお腹「ぎゅるぎゅる」ってなります。

ましてや「飛び込み」なんて、もってのほかです、迷惑です。

絶対に止めましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
このサイトをフォローする
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました