PythonのFlaskで標準出力のログを出さないようにする方法

PythonのFlaskで作成したアプリケーションでは多くのログ情報が出力されます。

そのログは標準出力に出力されるのですが、それを制御して標準出力にはログを出力しなくする方法です。

スポンサーリンク

Flaskで標準出力のログを出さない

Flaskで標準出力に出るログ情報は有益なのですが、少し数がおおく、自分がデバッグなどで出したログと混ざり見にくくなります。

今回はこの「Flaskで標準出力に出るログ情報」を出力しなくする方法です。

ログを制御するには「logging」モジュールでログを「nulデバイス」へ捨てるように設定します。

import logging

#標準出力に出てくるFlaskのログを出さないようにする
l = logging.getLogger()
l.addHandler( logging.FileHandler( "/nul" ))

#Flaskアプリケーションを起動する
app = Flask( __name__ )

これでFlaskで標準出力に出るログ情報の出力が「nulデバイス」へ捨てられ、結果的にFlaskで標準出力に出るログ情報が消えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Python学習におすすめの本
Python
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました