Next.jsのポート番号を変更する方法

Next.js はインストールしたまま起動するとポート番号が 3000 に設定さ入れています。

これを変更するには p オプションを使って起動します。

スポンサーリンク

Next.jsのポート番号を変更する方法

Next.js ではポート番号を指定してアクセスしますが、このポート番号がデフォルトでは 3000 に設定されています。

C:\next-js>npm run dev
> next-test@1.0.0 dev C:\next-js
> next
ready - started server on 0.0.0.0:3000, url: http://localhost:3000

他のアプリケーションでこのポート 3000 を使っていなければ良いのですが、使っている場合は変更する必要があります・

Next.js の起動ポート番号を変更するには package.json の起動オプションに -p をつけて起動します。

  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
    ,"dev": "next -p 8080",
    "build": "next build && next export",
    "start": "next start"

こうすることで起動時のポート番号を変更することができます。

C:\next-js>npm run dev
> next-test@1.0.0 dev C:\next-js
> next -p 8080
ready - started server on 0.0.0.0:8080, url: http://localhost:8080
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Javascriptの学習におすすめの本
JavaScript
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました