PythonのopenpyxlモジュールでEXCELにデータを書き込む方法

PythonでEXCELにデータを書き込むにはopenpyxlモジュールを使うと簡単に行えます。

スポンサーリンク

PythonでEXCELにデータを書き込む

PythonでEXCELにデータを書き込むにはopenpyxlモジュールを使います。

openpyxlのインストール方法

openpyxlは標準モジュールではないのでpipコマンドを利用してインストールします。

pip install openpyxl

openpyxlでEXCELにデータ出力を行う

openpyxlモジュールでEXCELにデータ出力を行うにはワークブックを生成して、そのCellメソッドに書き込む行、列の番号を指定して書き込む値を設定します。

import openpyxl as excel

#EXECL作成
wb = excel.Workbook()
ws = wb.active

#書き込む行、列の指定
row_num = 2
cell_num = 3

#セルにデータを書き込む
ws.cell( row_num, cell_num ).value = "テストデータ"

#ワークブックをディスクに保存
wb.save( "text.xlsx" )

#ワークブックをクローズ
wb.close()

上記のコードを実行すると、カレントディレクトリにtext.xlsxが作成され、
openpyxlでのEXCEL出力結果
とEXCELファイルが生成されています。

まとめ

PythonでEXCELにデータを書き込むにはopenpyxlモジュールを使うと簡単に行うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Python学習におすすめの本
Python
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました