WordPressのリダイレクト管理を行うプラグイン-Redirection-

ある程度の規模や期間、WordPress(ワードプレス)でサイト運営をしているとどうしてもURLの変更や記事の削除(統合)などが現れてきます。

そんな時になんの設定もせずに行うと、変更前のURLでアクセスしてくれたユーザーは記事を見つけることができず、HTTP 404 NOT FOUNDエラーになってしまいます。

本来はこのような場合は各サイトの「.htaccess」ファイルなどに転送設定の記述を追加するのですが、初心者には如何せん難しい。

しかも間違えると最悪、サイトにアクセスできなくなってしまいます。

そこで、WordPress(ワードプレス)のサイトで安全に転送設定を行うには「Redirection」プラグインを使って行うことをオススメします。

スポンサーリンク

Redirectionプラグイン

RedirectionプラグインはWordPress(ワードプレス)サイトでURLを変更した際や、記事を削除した時に指定したURLに転送設定を行ってくれるプラグインです。

Redirectionプラグインは転送元のURLにアクセスがあった場合に「HTTP 404 NOT FOUND」にするのではなく「HTTP 301 Redirect」と同様の動作を行ってくれます。

これは検索エンジンなどには「指定のURLは永久に転送先に変更されたよ」と知らせるとともに、アクセスを転送先に転送してくれます。

これにより、検索エンジンに登録されているこれまでに登録されているURLは転送先のURLに変更され、ユーザーも転送先のURLにアクセスできるようになります。

これを設定しないと、そのうち検索エンジンからは元のURLが削除され、アクセスを失うことになります。

Redirectionプラグインの検索

RedirectionプラグインはWordPress(ワードプレス)公式プラグインに登録されているので、管理画面の「プラグイン→新規追加」で検索できます。
Redirecitonのプラグイン検索

Redirectionプラグインのインストール

プラグインの検索でRedirectionプラグインが見つかったら、インストールして有効化します。
Redirecitonプラグインのインストール画面

Redirectionプラグインの設定

Redirectionプラグインを有効化するとWordPress(ワードプレス)管理画面のメニューの「ツール」に「Redirection」が表示されれるので、それを選択してください。
Redirecitonプラグインの設定呼出画面

設定画面が表示されたら
Redirecitonプラグインの設定画面

  1. ソースURLに転送元のURL
  2. ターゲットURLに転送先のURL

を入力して保存します。

まとめ

RedirectionプラグインはWordPress(ワードプレス)サイトでURLの変更などを行った際に、元のURLが見つからない(HTTP 404 NOT FOUND)になることを簡単に防いでくれるプラグインです。

少しでもユーザーの取りこぼしを防ぐためにも必ずインストールしておきたいプラグインの1つです。

以上、WordPressのリダイレクト管理を行うプラグイン-Redirection-でした。

タイトルとURLをコピーしました