WordPressテーマ「JIN」のタグページに説明文を表示させる方法

WordPressテーマ「JIN」のタグページに説明文を表示させる方法です。

「JIN」のタグページにはカテゴリーページであるような「説明文」を表示する機能が実装されていません。そこで今回はテーマをカスタマイズしてタグページにも説明文を表示させます。

テーマ自身をカスタマイズするので必ず「子テーマ」を導入してから行うようにしてください。

「子テーマ」を使わずに行うとJINがアップデートされたタイミングでカスタマイズがクリアされてしまいます。

JINの「子テーマ」は公式サイトで公開されていますので、そこからダウンロードして利用してください。

JINのタグページに説明文を表示させる

WordPressテーマ「JIN」は使い勝手も良く、見た目もキレイでSEOにも強い優れたテーマの1つです。

ただ1つ残念なことはカテゴリーページにはページの冒頭に説明文を表示させる機能があるのにタグページにはありません。


【JINのカテゴリー編集ページ】
JINのカテゴリー編集ページ


【JINのカテゴリーページ】
JINのカテゴリーページ


【JINの標準のタグページ】
JINのタグページ


説明文がないのです。

これをどうしても説明文を表示したい。

そこで今回は、テーマをカスタマイズして出力するようにします。

JINのタグページに説明文を表示する手順
  • Step1
    archive.phpをコピー
    FTPツールなどで親テーマのarchive.phpを子テーマフォルダーにコピー
  • Step2
    archive.phpを編集
    子テーマのarchive.phpを編集する
  • Step3
    タグの説明文を書く
    タグページの説明文を各

archive.phpをコピー

まずはJINの親テーマにあるarchive.phpを子テーマのフォルダーにコピーします。

コピーは各レンタルサーバーで方法が異なるので割愛しますが、ファイルは「WordPressをインストールしたフィルダー/wp-content/themes/jin」にあります。

それを「WordPressをインストールしたフィルダー/wp-content/themes/jin-child」にコピーします。

archive.phpを編集

次にコピーしたarchive.phpを編集します。

編集はWordPressの管理画面で「テーマ→テーマエディター」を選択し右にある「テーマファイル」からarchive.phpを選択します。

選択するとPHPのソースが表示されるので15行目あたりにある「<?php elseif(is_tag()): /* タグアーカイブ */ ?>」を探します。

その部分に以下のように「タグの説明文があれば表示する」という文を追加します。

<?php if(tag_description()):?>
    <?php echo tag_description(); ?>
<?php endif;?>

実際に追加したソースがこちらです。

<?php elseif(is_tag()): /* タグアーカイブ */ ?>
    <span class="archive-title-sub ef">― TAG ―</span>
    <h1 class="archive-title entry-title" itemprop="headline"><?php esc_html(single_cat_title()); ?></h1>
    <?php if(tag_description()):?>
        <?php echo tag_description(); ?>
    <?php endif;?>
<?php endif; ?>

4,5,6行目が追加した処理です。

変更が完了したら保存して終了してください。

タグの説明文を書く

最後にWordPressのタグ管理画面に説明を記述します。
JINのタグページの説明文を追加する

説明文を保存してタグページを表示させると
JINのタグページに説明文を表示した結果
と説明文が表示されるようになりました。

まとめ

WordPressテーマ「JIN」のタグページに説明文を表示させるにはarchive.phpに説明文を表示する処理を追加する必要があります。

実施される場合は必ず子テーマを採用し、テーマ、WordPressのバックアップを取ってから作業してください。

タイトルとURLをコピーしました