スポンサーリンク
PostgreSQL

PostgreSQLのDBlinkを使用して他のデータベースのテーブルを参照する方法

PostgreSQLのDBlinkを使用するにはextensionを導入し、dblinkでリモートデータベースへの接続を作成することで、リモートデータベースのテーブルにアクセスできるようになります。
JavaScript

Next.jsでnext.config.jsを使って環境変数をあつかう方法

Next.jsにはシステム内で利用できる環境変数の設定をnext.config.jsというファイルを使って行えます。next.config.js内ではNext.jsが起動されたモード(phase)を知ることができるので、デバッグ時、本番環境時などで環境変数を切り替えることもできます。
PostgreSQL

PostgreSQLでINSERTとUPDATEを1行で実行するMERGE(UPSERT)を行う

PostgreSQLでは SQLServerのMERGE 文と同じことを行うにはCONFLICTを使って行います。
スポンサーリンク
PostgreSQL

PostgreSQLで一時テーブルを作成する方法

PostgreSQLの一時テーブルは作成してからセッションが有効な間だけアクセスできるテーブルです。一時テーブルはセッション内のみ有効なので、セッションが切断された時には自動でテーブルが削除されるので、不要なテーブルが残ってしまうこともありません。また、他のセッションからも見れないので、同じ一時テーブル名が存在しても、セッションが異なればエラーにならず、それぞれの処理で同じテーブル名が使えることになります。
PostgreSQL

PostgreSQLでテーブルのプライマリキー(主キー)を削除する方法

PostgreSQLでテーブルのプライマリキーを削除するにはALTER TABLE 文を使います。通常のDROP INDEX文ではありません。
PostgreSQL

PostgreSQLのViewが更新可能かどうかチェックする方法

PostgreSQLのVIEW は一定の条件を満たせば、通常のテーブルと同様にVIEWの元テーブルに対してデータの挿入や更新が可能になります。挿入や更新が可能かどうかはinformation_schema.viewsを参照すれば判定することが可能です。
2021.07.21
JavaScript

Material UIコンポーネントのStyleをオーバライドし活用する方法

Material UIコンポーネントのStyle をオーバライドするにはcreateMuiThemeを使ってオーバライドし、そのStyleを適応するにはMuiThemeProviderを使うと簡単に共通化したStyleの Material UI コンポーネントを作成することができます。
JavaScript

ReactコンポーネントのPropsにデフォルト値を設定するdefaultPropsの使い方

defaultPropsを使えばロードされる側のReactコンポーネントでデフォルト値を設定できるので、万が一渡されなかった場合でも描画を正常に行うことができます。
2021.07.21
JavaScript

Next.jsで呼び出されたURLパスを取得する方法(Functionコンポーネント編)

Next.jsで呼び出されたURLパスを取得するにはuseRouterオブジェクトを使います。
JavaScript

Reactで1つのコンポーネントから複数のDOM要素を返す方法

Reactの1 つのコンポネントから複数のDOM要素を返したい時はReact.Fragmentタグを使えば警告の出ず、かつ余分なdivタグなどを使うこと無いJSXを書くことができます。
2021.07.19
JavaScript

Next.jsにMaterial-uiを組み込んでReactで使う方法

Googleが提唱するMaterialデザインをベースに開発された、コンポーネントライブラリMaterial-UIを使えば簡単にサイトをマテリアルデザインに対応することができます。React の相性も良く、普通のHTMLタグのようにMaterial-UIコンポーネントを呼び出すだけで使うことができます。
PostgreSQL

PostgreSQLで関数の定義(ソース)を取得する方法

PostgreSQLで関数の定義(ソース)を取得するSQLはpg_get_functiondef関数を利用すればできます。ただし、取得するためにはその関数のOIDが必要です。
PostgreSQL

PostgreSQLでトリガーの有効/無効を切り替える方法

PostgreSQLでテーブルに設定されているトリガーを有効にしたり無効にしたりするにはALTER TABLE文を使ってENABLE TRIGGER(有効)、DISABLE TRIGGER(無効)で切り替えることができます。
PostgreSQL

PostgreSQLでシーケンスの一覧を取得する方法

PostgreSQLでシーケンスの一覧を SQLで取得するにはpg_sequences、pg_classを利用すれば、スキマー名やその設定内容が取得できます。
PostgreSQL

PostgreSQLでVIEWの一覧を取得するSQL

PostgreSQLでVIEWの一覧を取得するには pg_views を利用することで一覧を取得することができます。
PostgreSQL

PostgreSQLでトリガーの一覧を取得する

PostgreSQLにはテーブルに対してデータを挿入(INSERT)の前後、更新(UPDATE)の前後、削除(DELETE)の前後のタイミングで自動で起動される処理をトリガーとして定義することができ、トリガーの情報はinformation_schema.triggersとpg_triggerを利用して取得します。
JavaScript

Next.jsでReactを使った開発環境を作成する方法

Reactを利用してアプリケーションを作成する環境を作るには「npx create-react-app」もしくは「npx create-next-app 」コマンドを実行するだけで簡単に準備することができます。
2021.06.26
JavaScript

Next.jsで静的HTMLを出力(build)する方法

Next.jsでSSR(Server Side Rendering)するファイルを静的なHTMLに変換して出力する方法です。静的HTMLを出力するにはNext.jsのbuild コマンドを実行します。
JavaScript

Next.jsのポート番号を変更する方法

Next.jsでは起動時のポート番号が3000に設定されています。これを他のポート番号に変更するには-pオプションを付加して起動します。
JavaScript

npmでpackageのバージョンを調べる方法

npmでpackageのバージョンを調べるには「npm info [バージョンを調べるpackage名] version」を使います。
JavaScript

Next.jsでReactをSSR(Server Side Rendering)する

Next.jsを使ってReactのコンポーネントをSSR(Server Side Rendering)して表示してみます。
PostgreSQL

PostgreSQLにはISNULLやNVLがないので関数で自作する

PostgreSQLにはSQLServerのISNULLやOracleのNVL に対応する関数がないので値がNULLの場合に別の値に変換して取得するにはCOALESCEで代用します。今回は「多様型」の引数と戻り値を使ってISNULL関数を作成します。
2021.07.27
PostgreSQL

PostgreSQLでプライマリキー、ユニークインデックス、インデックスを取得する方法

PostgreSQLでテーブルに設定されているプライマリキー、ユニークインデックス、インデックスを取得するにはpg_indexスキーマのindisprimary カラムとindisunique カラムを参照してそれぞれ取得します。
PostgreSQL

PostgreSQLで関数の一覧を取得する

PostgreSQLでSQLを使ってスト関数の一覧を取得するにはinformation_schema.routines,pg_procスキーマーを参照して取得します。取得したいオーナー名やユーザー名を指定して実行すると、より絞り込んだ関数の一覧を取得することができます。
2021.06.23
PostgreSQL

PostgreSQLで接続しているデータベース名を取得する方法

PostgreSQLでアプリケーションが現在接続しているデータベース名を取得するにはcurrent_database()を使って取得します。
PowerShell

PowerShellでtailコマンドを実装する方法

LinuxなどにあるtailコマンドをWIndows10のPowerShellにあるGet-Contentコマンドレットで実装します。
2021.03.26
PostgreSQL

PostgreSQLでストアドプロシジャの一覧を取得する

PostgreSQLでSQLを使ってストアドプロシジャの一覧を取得するにはinformation_schema.routines,pg_procスキーマーを参照して取得します。取得したいオーナー名やユーザー名を指定して実行すると、より絞り込んだストアドプロシジャの一覧を取得することができます。
2021.03.26
アフィリエイト

afb(旧:アフィリエイトB)の振込手数料と振込日は?

afb(旧:アフィリエイトB)の振込日は確定報酬額が支払条件を満たした翌月末日です。最低振込金額は777円です。振込手数料は無料です。
アフィリエイト

もしもアフィリエイトの振込手数料と振込日は?

もしもアフィリエイトの振込日は確定報酬額が支払条件を満たした翌々月末日です。住信SBIネット銀行なら1円でも成果が確定すると振り込まれます。その他の金融機関は1,000円です。振込手数料は無料です。
アフィリエイト

A8.netの振込手数料と振込日は?

A8.netの振込日は確定報酬額が支払条件を満たした翌々月15日です。振込手数料は指定する金融機関によって変わります。ゆうちょ銀行が一番やすく手数料66円で振込されます。
2021.03.08
PostgreSQL

PostgreSQLでテーブルのカラム名・属性を取得する方法

PostgreSQLでテーブルのカラム名・属性情報の一覧はシステムカタログのinformation_schema.columnsを検索することで取得することができます。
2021.07.21
PostgreSQL

PostgreSQLでデータベースの一覧を取得する方法

PostgreSQLで作成されているデータベースの一覧を取得するにはシステムカタログのpg_databaseを使用します。
PostgreSQL

PostgreSQLでテーブルの一覧を取得する方法

PostgreSQLでデータベース内に作成されているテーブルの一覧を取得するにはシステムカタログのpg_tablesを使用します。
PostgreSQL

PostgreSQLへ他の端末から接続する方法

他のコンピュータで稼働している PostgreSQL へはデフォルトでは許可されていません。接続するには設定を変更して再起動する必要があります。
WordPress

WordPressテーマSANGOにボックスメニューを入れてみた

WordPressテーマSANGOにボックスメニューを表示させるショートコードの作成方法を解説します。
レンタルサーバー

ロリポップのSSL化は.htaccessの編集も必須だった件

ロリポップのSSL化は無料サービス「独自SSL導入」だけではなく.htaccessの編集もしないとhttpでアクセスされた時にhttpsへリダイレクトしてくれませんでした。そのやり方を解説します。
2021.02.28
Python

Pythonでスクレイピングをする方法

Pythonでスクレイピングをするにはbeautifulsoup4モジュールとrequestsモジュールを使えば簡単にスクレイピングを行うことができます。
2021.02.28
SQL Server

SQLServerのSTRING_SPLITで指定した文字で文字列を分解する方法

SQLServer2016以降では指定された文字で文字列を分解して取得するにはSTRING_SPLITを使えば簡単に行うことができます。ただし、取得されるSELECT文のカラム名はvalueに固定されています。
2021.02.28
SQL Server

SQLServerのTrim関数は1度に複数の文字を前後から取り除ける

SQLServer2017で実装されたTrim関数は前後の半角空白文字を取り除けるだけではなく、複数の文字を1度に取り除ける強力なものになっています。これまで複雑にRTRIM関数、LTRIM関数を組み合わせていた処理がTRIM関数1つで書けるようになりました。
WordPress

WordPressでテンプレートが壊れてますと言われた時の対処方法

WordPressのテーマをカスタマイズしていると「このテーマは壊れています。テンプレートが不足しています。独立したテーマにはindex.phpテンプレートファイルが必要です。子テーマではstyle.cssスタイルシートにテンプレートヘッダーが必要です。」とエラーが発生。その対応方法です。
2021.03.03
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました