Pythonでインストールされているモジュールの一覧を作成する方法

Pythonでインストールされているモジュールの一覧を作成するには「pip」コマンドを利用します。

「pip」コマンドに「freeze」または「list」のどちらかのパラメータを渡します。

スポンサーリンク

モジュールの一覧を作成する

Pythonでインストールされているモジュールの一覧を作成するには

  1. pip freeze
  2. pip list

のどちらかで作成することができます。

pip freezeでモジュールの一覧を作成する

pip freezeでモジュールの一覧を作成するにはコマンドプロンプトを起動して

pip freeze

と入力します。

実行した結果は

attrs==19.3.0
Babel==2.8.0
click==7.1.1
colour==0.1.5
cycler==0.10.0
et-xmlfile==1.0.1
Flask==1.1.1
future==0.18.2
importlib-metadata==1.4.0
itsdangerous==1.1.0
jdcal==1.4.1
Jinja2==2.11.1
jsonschema==3.2.0
kiwisolver==1.1.0
MarkupSafe==1.1.1
matplotlib==3.1.2
more-itertools==8.1.0
numexpr==2.7.1
numpy==1.18.1
openpyxl==3.0.3
pandas==0.25.3
pandastable==0.12.1
pyparsing==2.4.6
pyrsistent==0.15.7
python-dateutil==2.8.1
pytz==2019.3
pywin32==227
simplejson==3.17.0
six==1.14.0
StyleFrame==2.0.5
tkcalendar==1.6.1
Werkzeug==1.0.0
xlrd==1.2.0
zipp==2.0.0

のようにインストールされているモジュール名とそのバージョンが表示されます。

pip listでモジュールの一覧を作成する

pip listでモジュールの一覧を作成するにはコマンドプロンプトを起動して

pip list

と入力します。

実行した結果は

Package            Version Location
------------------ ------- -----------------------------
attrs              19.3.0
Babel              2.8.0
click              7.1.1
colour             0.1.5
cycler             0.10.0
et-xmlfile         1.0.1
Flask              1.1.1
future             0.18.2
importlib-metadata 1.4.0
itsdangerous       1.1.0
jdcal              1.4.1
Jinja2             2.11.1
jsonschema         3.2.0
kiwisolver         1.1.0
MarkupSafe         1.1.1
matplotlib         3.1.2
more-itertools     8.1.0
numexpr            2.7.1
numpy              1.18.1
openpyxl           3.0.3
pandas             0.25.3
pandastable        0.12.1
pip                20.0.2
pyparsing          2.4.6
pyrsistent         0.15.7
python-dateutil    2.8.1
pytz               2019.3
pywin32            227
setuptools         41.2.0
simplejson         3.17.0
six                1.14.0
StyleFrame         2.0.5
tkcalendar         1.6.1
Werkzeug           1.0.0
xlrd               1.2.0
zipp               2.0.0

になります。

pip listのフォーマットオプション

pip list には「–format」オプションで出力フォーマットを変更することができます。

出力フォーマットには

  1. –format columns
  2. –format freeze
  3. –format json

があり、それぞれの出力は(抜粋)

> pip list --format columns
Package            Version Location
------------------ ------- -----------------------------
attrs              19.3.0
Babel              2.8.0
click              7.1.1
colour             0.1.5
cycler             0.10.0
et-xmlfile         1.0.1
Flask              1.1.1
> pip list --format freeze
attrs==19.3.0
Babel==2.8.0
click==7.1.1
colour==0.1.5
cycler==0.10.0
et-xmlfile==1.0.1
Flask==1.1.1
pip list --format json
[{"name": "attrs", "version": "19.3.0"}, {"name": "Babel", "version": "2.8.0"}, {"name": "click", "version": "7.1.1"}, {"name": "colour", "version": "0.1.5"}, {"name": "cycler", "version": "0.10.0"}, {"name": "et-xmlfile", "version": "1.0.1"}, {"name": "Flask", "version": "1.1.1"}]

となります。

タイトルとURLをコピーしました