PythonのFlaskのインストール方法

PythonでWEBアプリケーションを作成するのに便利なフレームワークの1つとして「Flask」があります。

今回はこの「Flask」をインストールして起動するまでを解説します。

スポンサーリンク

PythonのFlaskのインストール

Flaskをインストールするにはpipを利用します。

Windowsの場合はコマンドプロンプトを起動して以下のコマンドを入力します。

上記のコマンドを実行すると

となりこれで無事「Flask」のインストール完了です。

Flaskのバージョン確認

Flaskのバージョン確認を確認するにはコマンドプロンプトで

と入力します。

結果は

になりました。

Flaskを起動してみる

Flaskはインストールだけで簡易的にWEBサーバも動作するようなので、とりあえずサンプルでプログラムを起動してみます。

起動するソースは以下のものです。

起動は

でOKです。

のような表示が出たらブラウーザーのURLに「http://localhost:5000/」と入力してみてください。

「Hello, World!」と出れば正常に動作しています。

まとめ

PythonのFlaskを使えば簡単にWEBアプリケーションを構築していくことができるようになります。

実際にプログラミングしていく詳細はまた別記事に書いていきます。

以上、PythonのFlaskのインストール方法でした。

タイトルとURLをコピーしました