Pythonで変数の型をisinstance関数でチェックする方法

Pythonにもその他の言語(C言語やJava)と同様に変数に型があります。

通常は変数の型を宣言時には明記しませんが、明記して宣言することも可能です。

今回はそのPythonでその変数がどんな型で利用されているのかを「isinstance関数」を使ってチェックする方法です。

スポンサーリンク

Pythonの変数の型をisinstance関数でチェックする

Pythonの変数の型をチェックするには「isinstance関数」を利用して行います。

isinstance関数の使い方
isinstance(チェックする変数, Pythonの型名)

実際のソースは以下のような形になります。

上記をPythonで実行すると

になります。

クラスとNoneは型が規定のものではないので「不明」にしてあります。

まとめ

Pythonの変数の型をチェックするには「isinstance関数」を利用することでクラスなどの独自定義のもを除けば判断が付きます。

Pythonの変数の型
Pythonでは他のプログラミング言語(C言語やJava)などと異なり変数の宣言に「型」は指定しませんが、型がないわけではありません。この記事ではその変数の型について宣言方法を含めてみていきます。

以上、Pythonで変数の型をisinstance関数でチェックする方法でした。

タイトルとURLをコピーしました