Pythonで設定ファイル(iniファイル)を利用する方法

Pythonで設定ファイル(.ini)を利用するには「ConfigParser」モジュールを利用すれば簡単行うことができます。

Pyhtonで利用する設定ファイルはWindowsの設定ファイル(iniファイル)と同じ形式のものなので、なじみ深いかもしれません。

スポンサーリンク

Pythonで設定ファイル(iniファイル)を利用する方法

Pythonで設定ファイル(iniファイル)を利用するには「ConfigParser」モジュールを利用します。

まずは設定ファイル(iniファイル)を準備します。

上記の内容をpythonを動作させるフォルダーと同じ場所に保存します。
(今回は「syokisettei.ini」という名前で保存したとします。)

ファイル保存する際は文字コードは「utf-8」で保存してください。

次に実際に設定ファイル(iniファイル)をリードしてみます

(上記の’syokisettei.ini’は実際に設定を保存しているファイル名に変更してください。)

これで読み込む準備は完了です。

次に具体的に読みこんでみます。

これで「sec1_prop1」「sec1_prop2」「sec2_prop3」「sec2_prop4」には目的の値が取得されています。

まとめ

Pythonでは「ConfigParser」モジュールを利用すれば簡単に設定ファイルを利用できるようになるので、外部に設定値を持った方が便利な場合には積極的に利用するようにしましょう。

以上、Pythonで設定ファイル(iniファイル)を利用する方法でした。

タイトルとURLをコピーしました