Pythonでformat関数を使って0埋め(ゼロパディング)を行う方法

プログラミング Python

Pythonである値の先頭に固定長の0を埋める(ゼロパディング)を行うにはformat関数を使って行います。

formatはPyhotnの組み込み関数です。

スポンサーリンク

format関数を使って0埋めを行う方法

桁数を合わせるのによく使われる0埋め(ゼロパディング)をPythonで行うにはformat関数を使います。

format関数を使うには特にインストールする必要があるものはありません。

format関数に「対象の値, 埋めたい文字=埋める桁数」を渡します。

print( format( 1,      "0=5" ))
print( format( 12,     "0=5" ))
print( format( 123,    "0=5" ))
print( format( 1234,   "0=5" ))
print( format( 12345,  "0=5" ))
print( format( 123456, "0=5" ))

上記のソースでは「0を最大5桁まで埋める」になります。

実行結果は

00001
00012
00123
01234
12345
123456

になります。

また、format関数の2つ目の引数「埋めたい文字と埋める桁数」の間にある「=」は省略することができます。

print( format( 1,      "010" ))
print( format( 12,     "010" ))
print( format( 123,    "010" ))
print( format( 1234,   "010" ))
print( format( 12345,  "010" ))
print( format( 123456, "010" ))

上記のソースでは「0を最大10桁まで埋める」になります。

実行結果は

0000000001
0000000012
0000000123
0000001234
0000012345
0000123456

になります。

まとめ

Pythonである値の先頭に固定長の0を埋める(0パディング)を行うにはformat関数を使えば簡単に行うことができます。

以上、Pythonでformat関数を使って0埋め(ゼロパディング)を行う方法でした。

タイトルとURLをコピーしました