WordPressで簡単にランディングページ(Landing Page)を作れるテーマ

最近では WordPress でランディングページ(Landing Page)を作成することが増えてきました。

WordPress で作成すればSEOに関する優秀なプラグインもあり、最近のテーマはちゃんと SEO 対策が考慮されたものが多いので、基本的に自分で HTML を組み上げるよりは簡単に成果の出やすいランディングページ(Landing Page)を作成することができます。

WordPressのテーマとは?

WordPressのテーマとは、作成するWebサイトのデザインや構成を変更するテンプレートのことです。

WordPressのテーマは自由にインストールすることができ、自分好みのものを適応することで簡単にサイト全体の見栄えを統一したり、カスタマイズすることができるようになります。

WordPressのテーマを選ぶポイント

WordPressのテーマを選ぶ主なポイントを挙げておきます。

  1. 自分の好みにあったものを選ぶ
  2. SEOを意識したものを選ぶ
  3. レスポンシブ対応したものを選ぶ
  4. ブロックエディター(Gutenberg)対応したものを選ぶ

自分の好みにあったものを選ぶ

自分の好みにあったものを選ぶことはサイト運営を長く続けていく上で非常に重要なポイントです。

見た目が気に入らないものを使っていると、なんだか記事を書くモチベーションも下がります。

更新されなくなったサイトはGoogleやBingなどの検索エンジンからも次第にソッポを向かれて、閲覧数が下がり、そのこともサイトを運営していくモチベーションが下がり、悪循環に陥ります。

SEOを意識したものを選ぶ

WordPressのテーマにはSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)に対応したものが多くあり、そのようなWordPressテーマを選ぶことで、自然とアクセスされやすくなり、サイト運営のモチベーション向上に寄与してくれます。

レスポンシブ対応したものを選ぶ

サイトへのアクセスの多くはスマートフォンからのアクセスに移行している傾向が強くなっています。

昔はパソコンサイト用、スマートフォン(携帯電話)用と分けてページを作成していましたが、現在では1つの記事でパソコンでもスマートフォンでも綺麗にかっこよく見れるサイトを作る技術(レスポンシブ)に対応したWordPrsssテーマが増えています。

必ずレスポンシブ対応したテーマを選択するようにしましょう。

ブロックエディター(Gutenberg)対応したものを選ぶ

WordPress5.0からはそれまでの「テキストエディター」と「ビジュアルエディター」に変わって「ブロックエディタ(Gutenberg)」が導入されました。

ブロックエディター(Gutenberg)はそれまでのコンテンツ作成方法とは全く異なるものなので、最初は扱いづらいものですが、慣れればコンテンツ作成の時間を大幅に減らせるものです。

以前と比べてブロックエディター(Gutenberg)に対応したWordPressテーマは増えてきましたが、まだ対応しきれてないものも残っています。

できるだけブロックエディター(Gutenberg)に対応したWordPressテーマを選択しましょう。

ランディングページ(Landing Page)を作成にオススメなテーマ

さて、一口に WordPress でランディングページ(Landing Page)を作成すると言っても、いろいろ方法はあるわけですが、一番簡単なのはランディングページ(Landing Page)を作成することに特化したテーマを利用することです。

ちなみにランディングページ(Landing Page)とは広い意味ではユーザーが検索でサイトに最初に訪れたページのこと。

今回のランディングページは1ページで構成された、ユーザーに対して問合せや購入などのアクションを促すことに特化したページのことを指します。

になります。

ランディングページ(Landing Page)を作成することに特化したテーマなら、デザイナーが作った綺麗なデザインもそのまま使えるし SEO に特に注意を払うことなく完成させることができます。

一般的なテーマでもページを1カラムにできたり、ランディングページ(Landing Page)を作成することを意識した設定にできたりするものもありますが専用のテーマを選んだ方が楽です。

以下にランディングページ(Landing Page)を作成にオススメのテーマを挙げておきますので、ランディングページ(Landing Page)を作成する際は参考にしてみてください。

Grazioso

Graziosoは1カラムでフラットデザインのランディングページ(Landing Page)を難しいHTMLやCSSを触ること無く作れる WordPress テーマのです。

レスポンシブ対応WordPressテーマ「Grazioso」
料金 19,800円(税込)
複数サイト 使用可能
無制限ライセンス
(49,800円(税込))要
商用利用 使用可能
レスポンシブ 完全対応
サポート ヘルプデスク

Switch(スイッチ)

Switch(スイッチ)はファーストビューの動画で虜にしてしまうテーマ。フッターにあるさりげない動画もユーザーの心を掴みます。スマホやタブレットのデザインにも注目です。サービスを取り巻く空気感を表現することに焦点をあてているので、実店舗やイベントなど実際に足を運んでもらうサービスの PR に最適です。

料金 24,800円(税込)
複数サイト 使用可能
商用利用 使用可能
ブロックエディタ 対応済み
SEO対策 対応済み
サポート メール

OOPS!

OOPS! は商品販売、資料請求、アプリダウンロード、メールマガジン登録などのコンバージョン率をアップさせるために開発されました。
OOPS! は、コンテンツマーケティングの効果を最大限に発揮するためのワンカラム構成の記事ページ、クリック率を高めるためのABテスト可能なCTA機能を搭載し、従来のLPテンプレートを凌駕したネクストレベルのランディングページを作成できる WordPress テーマです。

料金 19,800円(税込)
複数サイト 使用可能
商用利用 使用可能
ブロックエディタ 対応済み
SEO対策 対応済み
サポート メール

SOURCE(ソース)

SOURCE はランディングページ型コーポレートサイトを構築することを意識した WordPress テーマです。
アプリ開発やソフトウェアの販売など。多くのポートフォリオを並べて実績をPRすることを考えておられるのでしたらオススメの WordPress テーマの1つです。

料金 13,980円(税込)
複数サイト 使用可能
商用利用 使用可能
ブロックエディタ 対応済み
SEO対策 対応済み
サポート メール

Colorful (カラフル)

Colorful (カラフル)は豊富な部品(画像やボタン)を選択し並べていくイメージで簡単にランディングページ(Landing Page)を作成することができます。

料金 8,760円(税込)
複数サイト 使用可能
商用利用 使用可能
SEO対策 対応済み
サポート メール

LIQUID LP

LIQUID LPは20,000ダウンロードの実績を誇る WordPress テーマの「LIQUID PRESS」を作成しているリキッドデザイン株式会社がリリースしているランディングページ(Landing Page)用 WordPress テーマです。

LIQUID PRESSには多くの種類があり、その1つがランディングページ(Landing Page)用テーマ「LIQUID LP」になります。

料金 \0~
複数サイト 使用可能
商用利用 使用可能
ブロックエディタ 対応済み
SEO対策 対応済み
サポート メール対応/30日間

KITE KITE

KITE KITEと同じレベルの機能とデザインだと、業者に頼めばランディングページ 1 枚 15 万円前後、ウェブサイトだと 50 万前後はしますが KITE KITE は 9,820 円で何ページでも無限に作成が可能です。
ランディングページ(Landing Page)はもちろん、ウェブサイトも出来てしまうのに加え、簡単、多機能、初心者に優しいサポートも充実、オリジナルのデザインパーツも 500 個以上と充実すぎるパッケージでこれまでのウェブ制作の常識を覆す価格とパッケージ内容です。

料金 9,820円(税込)
商用利用 使用可能
SEO対策 対応済み
サポート メール

ALPHA2 WordPress Theme

ALPHA2 WordPress Themeを使うだけで、記事の信頼性をアップさせる高品質なデザインを短時間でつくることができます。

料金 22,800円 (税込)
商用利用 使用可能
SEO対策 対応済み
サポート フォーラム

タイトルとURLをコピーしました