WordPressの投稿記事と固定ページの違い

WordPressのページには「投稿」と「固定ページ」の2つの種類があります。

どちらも「記事(文章・コンテンツ)を書く」という点では同じなのですが、この両者、少しだけできること、できないことが違います。

今回の記事ではその違いを比較しながら整理していきます。

スポンサーリンク

投稿ページと固定ページの違い

「投稿ページ」と「固定ページ」は「記事(文章・コンテンツ)を書く」という点では同じですが、それぞれに特徴があります。

投稿ページ 固定ページ
トップページへの自動表示 表示される 表示されない
記事の親子関係 設定できない 設定可能
カテゴリーの設定 設定できる 設定できない
RSSへの配信 配信される 配信されない

投稿ページと固定ページの使いわけ

投稿ページと固定ページの使い分けとしては、明確な基準はありませんが、カテゴリごとでの分類ができる、親子関係が持てるなどの観点からブログの記事などは「投稿ページ」で書かれることが多くなっています。

また、企業ページやランディングページなどの親子関係があまりないものなどは「固定ページ」で書かれることが多くなっています。

まとめ

投稿ページと固定ページではユーザーへの見え方などは大きく差はありませんが、記事(コンテンツ)の管理手法の違いから、どちらを使うかを切り分けているサイトが多いようです。

以上、WordPressの投稿記事と固定ページの違いでした。

タイトルとURLをコピーしました