WordPressの固定記事にカテゴリーを設定できるようにする方法

WordPressに関する記事のサムネイル画像 WordPress

WordPressの記事(投稿)にはカテゴリーを設定し管理することができます。

この記事のカテゴリーは「サイト構築」の子供として「WordPress」というカテゴリーが設定されて管理されています。

でもこのカテゴリーはWordPressのもう一つのコンテンツの種類である「固定ページ」には設定できません。

なぜ「固定ページ」で設定できないのか疑問なのですが、ちょっとしたコードをfunctions.phpに追加することで実現できます。

スポンサーリンク

固定記事にカテゴリーを設定できるようにする

WordPressの固定記事にカテゴリーを設定するにはプログラミングして実現します。

そのコードは以下のものです。

add_action( 'init', 'my_add_pages_categories' ) ; 
function my_add_pages_categories()
{
    register_taxonomy_for_object_type( 'category', 'page' ) ;
}
add_action( 'pre_get_posts', 'my_set_page_categories' ) ;
function my_set_page_categories( $query )
{
    if ( $query->is_category== true && $query->is_main_query()){
        $query->set( 'post_type', array( 'post', 'page', 'nav_menu_item' )) ;
    }
}

上記のコードをfunctions.phpに追記すると固定ページにカテゴリーを設定して管理できるようになります。

functions.phpを修正しない方法

本来はWordPressへの追記コードはfunctions.phpに記述すべきなのですが、ご存知の通りfunctions.phpの修正を間違えるとサイトの表示が真っ白になったり、管理画面にログインできなくなったりします。

それを避けるために「Code Snippets」というプラグインを利用すると安全にfunctions.phpにコードを追記できます。

Code Snippetsプラグインは公式サイトに登録されているので、管理画面の「プラグイン→新規追加」からインストールすることができます。

有効化したらAdd Newで上記のコードを追加します。

まとめ

WordPressの固定ページにカテゴリーを追加して管理するにはfunctions.phpにコードを追記する必要があります。

安全に作業を行うためにもfunctions.phpのバックアップを必ず取って、できればCode Snippetsプラグインを導入して処理を行いましょう。

以上、WordPressの固定記事にカテゴリーを設定できるようにする方法でした。

タイトルとURLをコピーしました