SQLite3でテーブル存在チェックを行う方法

SQLite3ですでに指定したテーブルが存在するかどうかのチェックを行うには「sqlite_master」をSELECTすると判断することができます。

スポンサーリンク

SQLite3でテーブル存在チェックを行う方法

SQLiteですでに指定したテーブルが存在するかどうかのチェックは「sqlite_master」をSELECTして判断します。

構文は以下の通りになります。

SELECT COUNT(*) FROM sqlite_master WHERE TYPE=’table’ AND name=’存在確認するテーブル名’;

実際のSQLで実行した結果は以下のようになります。

まとめ

SQLite3でテーブル存在チェックを行うにはsqlite_master を指定したテーブル名で検索するとわかります。

以上、SQLite3でテーブル存在チェックを行う方法でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フリューゲル
スポンサーリンク
SQLite
このサイトをフォローする
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました