【WordPress】おすすめワードプレステーマ

ワードプレスでブログを始めるにはまず最初に「テーマ」を選ぶ必要があります。

ワードプレスのテーマはサイト全体のテンプレートのことで、自由に選択することができます。

現在では無料、有料のもを含め数多くのワードプレステーマがリリースされています。

そんな中で、わたしも使わせてもらっているものや購入したものを中心に「おすすめ」なワードプレステーマをご紹介します。

スポンサーリンク

ワードプレステーマとは

ワードプレステーマとはサイト全体の見栄えを統一するためのテンプレートです。

テーマの一部を変更(カスタマイズ)することでサイトの独自性を表現することもできます。

最近のワードプレステーマでは標準(初期設定)で多くのカスタマイズ用部品が用意されており、メニューから選択するだけで簡単に見栄えを変えることもできるようになっているものが多くなっています。

ワードプレステーマを選ぶときの注意点

ワードプレステーマを選ぶ際はいくつかの点に留意しておかなければなりません。

  1. 不具合などの対応が速い
  2. 利用者が多い(情報が多い)
  3. テーマ制作者がはっきりしている(野良テーマは使わない)
  4. 表示(描画)速度が速い(SEO的に重要)
  5. SEO対策がきちんとなされている(最低限のものはされていることが望ましい)
  6. カスタマイズが容易

ワードプレステーマはワードプレスの機能としては簡単に変更(切り替える)ことはできるのですが、最近のテーマは独自のカスタマイズ(部品、ショートコード、CSSなど)が施されているものが多く、記事が多くなればなるほど、他のテーマに切り替えた際に上手く表示できないものやショートコードがそのまま表示されたりすることが多くなり、テーマの変更に時間がかかるようになります。

そのため、ワードプレステーマを決める際は、自分の中で飽きの来ない、使いやすいものを選んでおくことが重要になってきます。

当サイトおすすめのワードプレステーマ一覧

以下は当サイトがおすすめするワードプレステーマの主な特徴です。

名称 評価 価格 複数
サイト
SEO
Cocoon 5.0 0円
Luxeritas(ルクセリタス) 5.0 0円
THE THOR(ザ・トール) 5.0 14,800円(税別)
Diver 4.5 17,980円(税込)
WING(AFFINGER5) 5.0 14,800円(税込)
JIN 4.5 14,800円(税込)
SANGO 4.5 11,000円(税込)
賢威 4.5 24,800円(税抜)
Emanon 4.0 9,800円(税込)
BRIDGE 4.0 19,800円(税込)
スワロー 3.5 9,900円(税込) ×
ストーク19 3.5 11,000円(税込) ×
アルバトロス 3.5 7,980円(税込) ×
ハミングバード 3.5 7,980円(税込) ×
EGO. 4.0 39,800円(税込)
エスティバル 3.5 29,800円(不明) ×
EVERY 4.0 39,800円(税込)
ALPHA2 WordPress Theme 3.5 22,800円(不明)
SWITCH 4.5 24,800円(税込)
SOURCE 4.5 13,980円(税込)
Colorful(カラフル) 3.0 8,760円(不明)
Grazioso 4.0 19,800円(税込) ×
49,800円(税込)
KITEKITE 3.0 9,820円(税込)
LIQUID LP 4.0 9,900円(税別)
OOPS! 4.5 19,800円(税込)

無料のワードプレステーマ

ワードプレステーマのテーマには無料でも優秀なものが数多くあります。

以下は無料でも優秀で人気のあるワードプレステーマです。

Cocoon

この「Cocoon」は「わいひら」さんが作成されている無料のワードプレステーマです。

このサイトでも2020年3月より利用させていただいています。

それ以前はのちに出てくる「WING(AFFINGER5)」を利用していたのですが、気分を変えるためにこのCocoonに変更しました。

表示も速いし、カテゴリーごとに記事下に固定の文章を簡単に挿入できたりと、細かいところまで配慮のある優秀なワードプレステーマです。

Cocoon

Cocoonは内部SEOにも注力されたワードプレステーマで以下のような内部SEO施策が行われています。

  1. ページ高速化機能搭載(テーマ機能だけでPageSpeed Insights90点後半が取れる)
  2. モバイルファースト(モバイルフレンドリー)
  3. ワンクリックでAMP対応
  4. PCとモバイルでソースコードが100%同じ完全レスポンシブ
  5. W3CのHTML5バリデーションのエラー0
  6. W3CのCSSバリデーションのエラー0
  7. 基本的な構造化データタグの記入
  8. 構造化データエラー0
  9. 投稿ごとにメタディスクリプション記入欄の設置
  10. HTMLアウトラインの最適化

Luxeritas(ルクセリタス)

Luxeritas(ルクセリタス)もこのサイトと同じようなカテゴリーのサイトで採用しています。

こちらは前述のCocoonよりも「より高速に表示」にこだわって作られている気がします。
(実際に評価値は高い。)

ただ、Cocoonと比べるとウィジェットなので出来る項目が若干少ないかもしれません。

Luxeritas(ルクセリタス)

Luxeritas WordPress Theme は、SEO 最適化済み、レスポンシブ、高カスタマイズ性を持つ無料の WordPress テーマです。
サイトの表示速度も速く、Googleからも高評価を得ることができる数少ないテーマです。

有料のワードプレステーマ

多くの場合は無料のワードプレステーマでも十分やりたいことはできるのかもしれません。

ただ、アフィエイリトなどで大きな成果を狙うにはやはり、それに対する対応がなされているものを使うのが良いでしょう。

ほとんどのものが、難しいカスタマイズをすることなく簡単にかつ効果的に広告を表示したり、回遊率を上げる、CTAを実装するなどの機能を有しています。

THE THOR(ザ・トール)

ザ・トールは、圧倒的にSEOに強く、HTML5+CSS3による最新のコーディング・検索エンジンに優しい構造化マークアップに対応し検索エンジンから評価されやすい内部構造が徹底的に追求されています。
ザ・トールには、アクセス・収益アップをサポートする「集客・収益化支援システム」が搭載されており、サイトの集客・収益最大化を強力に後押ししてくれます。

THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。
ザ・トールは、国内トップクラスのWEBデザイナー・SEOコンサルタントであるFITが長年培ってきたノウハウのすべてを注ぎ込んだ国内最高峰のWordPressテーマです。
【ザ・トールの特徴】

  1. 圧倒的にSEOに強く、抜群に上位表示されやすい
  2. おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる
  3. アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」を搭載

Diver

Diverは、初心者でも簡単に利用することが可能な高品質高機能なハイスペックワードプレステーマです。
Diverを利用しているすべての人の実績に基づくノウハウがすべて詰め込まれています。

Diverはコンバージョンアップでアフィリエイト収益を最大化し、最新SEO対策がほどこされたおすすめWordPressテーマです。

WING(AFFINGER5)

WING(AFFINGER5)は前述のとおり、今のCocoonを使う前までは利用していました。

WING(AFFINGER5)を使うきっかけは、ずっと以前に「Stinger3」というWING(AFFINGER5)を作った方が作成した無料のワードプレステーマを使ったことがきっかけでした。

それまではワードプレス自体が良く分かっておらず、ただ記事を書いていたのですが、ある日突然の「アクセス数ダウン」を経験しました。

そこで初めて「SEO」というものを意識し始め、そこで知ったのが「Stinger3」だったのです。

「Stinger3」にワードプレステーマを変更してしばらくすると、ダウンしたアクセス数が元に、いやそれ以上に伸び驚いた記憶があります。

それ以降「Stinger5」を経て、「AFFINGER3」→「AFFINGER4」、そして「AFFINGER5」とずっと使ってきました。
(いまはちょっとCocoonに浮気中ですが。)

SEOもデザインの流行も、時間の中で変わっていくモノ、変わらないものがあります。自身がアフィリエイターとして、そしてまた広告側(BtoC)の視点からも本当に効果のあるサイト構築、そしてサイト運営と共に成長できるテーマをモットーに改善、検証を重ねたテーマが結晶がこの「WING」になります。

JIN

JINはカリスマアフィリエイターの「ひつじ」さんが作成されたワードプレステーマです。

JINも購入して使っているのですが、簡単にランキングやボックス表示などができるようにエディターが工夫されており、非常に使いやすいワードプレステーマです。

JIN

「JIN(ジン)」はアフィリエイトのためのノウハウが凝縮されたWordPressテーマです。
有名アフィリエイターの「ひつじ」さんがこれまで培ってきた「アフィリエイト」と「SEO対策」の知識を集約して、売れるサイト作りを後押しできるテーマに仕上げたものです。
「JIN(ジン)」はアフィリエイトのためのノウハウが凝縮されたWordPressテーマです。

SANGO

SANGOも実際に購入して利用しているワードプレステーマです。

SANGOの特徴はなんといっても数多くのボックスや見出しが簡単に使えること。

サイトとしてはファンシーな感じで書きたい方にはピッタリのワードプレステーマです。

SANGO

SANGOは、Webメディア「サルワカ」から生まれた有料WordPressテーマです。開設1年で200万PV/月を超えたサルワカのノウハウが、余すことなく詰め込まれています。

賢威

賢威はわたしがブログを始めたころ(もう10年くらい前)から人気を誇っているワードプレステーマです。

「賢威(ケンイ)」は、SEO業界で圧倒的な実績を持つ京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、そのノウハウを余すことなく詰め込んだ、SEOテンプレートパックです。
2007年1月に発売して以来、上場企業や中小企業のWeb担当者、個人起業家、アフィリエイターやブロガーなど、2万を超えるユーザーに利用されています。
賢威の特徴

  1. SEOテンプレート(HTML版 / WordPress版)、200ページを越えるSEOマニュアル、サポートフォーラムの利用権がセット
  2. ウェブライダーがもつ検索で上位表示させるためのノウハウが注ぎ込まれている
  3. コンテンツマーケティング、セールスページ、ブログなど幅広い用途に使える
  4. 賢威ユーザー限定のサポートフォーラムがあり、フォローが充実している
  5. 最新の賢威へのバージョンアップは原則無料

Emanon

Emanon Proは、コンテンツマーケティングによりWeb集客ができるビジネスブログ用のWordPressテーマです。検索エンジンがインデックスしやすいHTML構造し、プラグインなしでサイト訪問者のコンタクト情報を収集する仕組みを実装しています。

Webサイトの印象を決定づけるファーストビューは6タイプご用意しました。直感操作で簡単に設定することができます。Webサイトのテーマにあったデザインをお選びいただけます。
CTA(Calls To Action)とは、サイト訪問者に資料請求やメルマガ登録、無料PDFダウンロードなどのアクションを促し、氏名やメールアドレスなどのコンタクト情報を取得する機能です。投稿ページと固定ページの文末にそれぞれ1種類のCATを設置できます。

BRIDGE

BRIDGEは記事コンテンツの価値を高め広告収入をUPさせる新しいアフィリエイト専用ワードプレステーマです。

BRIDGEは記事コンテンツの価値を高め広告収入をUPさせる新しいアフィリエイト専用WordPressテーマです。ランキング・比較・口コミ・レビューサイトなど、アフィリエイトに特化して開発された「BRIDGE」は、検索者と有益な商品・サービスを提供する事業者との架け橋となり本物の価値あるコンテンツを配信するアフィリエイターの広告収入をアップさせます。

スワロー

無駄な装飾を削ぎ落とすことで、コンテンツを主役にする。そんなコンセプトで生まれたのがこのスワローというテーマです。

SWALLOWはシンプルな見た目と洗練された機能美が光るWordPressテーマです。プロブロガー八木仁平監修のもと、OPENCAGEが開発したWordPressテーマ。
「必要なものとは何か」を考え尽くして、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたWordPressテーマです。

ストーク19

STORK19は美しく設計されたデザインが最大の特徴です。テーマ導入後のデザインの微調整が必要ないので、コンテンツ作りに時間をかけることができます。

これまでに20,000人以上のユーザーに使われたWordPressテーマ"STORK"の最新バージョン「STORK19」です。ストークにしかない洗練されたデザインはそのままに、機能追加や表示スピードの改善を行っています。
ブログを書くのが楽しくなる仕掛けや機能がたっぷり!STORK19は読む人も書く人も快適なWordPressテーマです。

アルバトロス

アルバトロスは細かな設定(例えば広告の設定やスライドショーの設置など)は全て管理画面からできてしまいます。WordPressサイトの操作に慣れている人であればほんの1時間もあれば、オリジナルのしかも美しいデザインの見やすいサイトが完成します。

アルバトロスは誰が使っても美しいをコンセプトに開発されたWordPress用テーマです。
シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

ハミングバード

ハミングバードの最大の特徴は「アニメーション」です。サイトタイトルやSNSボタンなど、見てほしい部分を嫌味のないアニメーションで目立たせています。

ハミングバードは「誰が使っても簡単に美しいブログサイトを!」をコンセプトとして開発されたWordPress用テーマです。シンプルなデザインながら、アニメーション効果でさり気なくパワフルにコンテンツを目立たせます。
もちろんモバイルファーストで設計されているのでスマホでの見た目が抜群です。

EGO.

「EGO.」は誰でも簡単にネットショップを立ち上げられるWordPressテーマです。
大型ECモールにも負けないECサイトを「EGO.」でインストールしてください。

「EGO.」は誰でも簡単にネットショップを立ち上げられるWordPressテーマです。
WoocommerceとWelcartの両方に対応したバージョンをリリースしたECカート向けテーマです。
大規模なオンラインショップだけでなく、個人レベルのコンパクトなショップまで幅広く対応可能です。
トップページのデザインを自在に変更できるので、サイトの規模感に合わせて調整できます。
商品の告知、限定アイテムからインスタグラムまで、最高なコンテンツでお出迎えする体制を整えることができます。

エスティバル・WordPressテーマ

テーマを購入しても、デモの再現や自分の思った通りのサイトに仕上げるまで、とても時間がかかります。
エスティバル・WordPressテーマはそのまんまパッケージしていますので、インストールすればデモの状態になるので、文章や写真を入れ替えるだけですぐに使えます。

高機能=多目的とも呼ばれ、どのようなサイトにも対応できる機能も持っています。
販売形式として、14種類のタイプのテーマを販売しています。

  1. 企業・ビジネス向けテーマ
  2. デザイン・制作会社向けテーマ
  3. ビジネス・企業向け2テーマ
  4. 建設・工務店向けテーマ
  5. 歯科・クリニック向けテーマ
  6. 病院・医療機関向けテーマ
  7. メンタル・心療向けテーマ
  8. コーヒーショップ向けテーマ
  9. レストラン向けテーマ
  10. 小売店・ショップ向けテーマ
  11. 教室・スクール向けテーマ
  12. ニュース系テーマ
  13. 会議・カンファレンス向けテーマ
  14. 製品紹介向けテーマ

EVERY

会員制サイトに必須なマイページ機能や、会員・非会員を差別化できる機能に加えて、画像コンテンツを多く扱うメディアを想定し、画像の遅延読み込みによるページ表示速度の高速化設定も実装されているワードプレステーマです。

高機能な会員制サイトを個人でも運営することができるテーマです。
複数の投稿者による多くのコンテンツ発信を想定して、閲覧しやすいカスタム投稿タイプを実装済みで、閲覧しやすいだけでなく、項目を埋めていくだけで完成するように制作も捗るワードプレステーマです。

Switch(スイッチ)

Switch(スイッチ)はファーストビューの動画で虜にしてしまうテーマ。フッターにあるさりげない動画もユーザーの心を掴みます。スマホやタブレットのデザインにも注目です。サービスを取り巻く空気感を表現することに焦点をあてているので、実店舗やイベントなど実際に足を運んでもらうサービスのPRに最適です。

WordPressテーマ「Swicth」では最先端のビジュアルが搭載されており、抜群に見るものを惹きつけます。
さらに、積極的な情報発信にも最適な店舗サイト用テンプレートなので、潜在的な見込み客へのリーチも可能とします。
例えば、「お店の存在を知らない」「存在は知っているが、忘れている」という潜在的な顧客にブログ機能を使って、リーチできる触手を伸ばすことができます。

SOURCE(ソース)

ランディングページ型コーポレートサイトを構築することを意識したWordPressテーマです。
アプリ開発やソフトウェアの販売など。多くのポートフォリオを並べて実績をPRすることを考えておられるのでしたらオススメのワードプレステーマの1つです。

インターネット集客と売上アップを強力にバックアップする販売促進ツールとして完成された「SOURCE」は、ハイエンドなランディングページ仕様のトップページと洗練されたモーションでユーザーの視線を誘導しWEBサービス、ソフトウェア、システム、アプリケーションの成約率を高めます。

ALPHA2 WordPress Theme

  1. 料金
    ¥22,800
  2. ストレスフリーの記事作成
    HTMLやCSSの知識は必要ありません。簡単な操作で結果を確認しながら文字や写真をレイアウトできます。
  3. 次世代SEOにも対応
    SEOの技術的な難易度が上がっていますが、Alphaは全て対応しておりGoogleからも高い評価を受けています。

Colorful(カラフル)

ランディングページ(LP)を作成するのに特化したワードプレステーマです。

カラフルは2020年の2月~3月にかけてデザイン面を中心として、大幅なバージョンアップが実施されました。
新しい「デザインパーツ」を126パーツ追加され全体的なデザイン面も一新されました。
バージョンアップのテンプレートは、カラフル購入者さん全員に、無償で配布されています。

  1. 料金
    ¥8,760
  2. ヘッダー画像作成機能搭載
    画像制作ソフトを導入することなくヘッダー画像を制作できる。
  3. レイアウト無限種類
    ワンタッチでそれぞれのパーツを設置できるため、レイアウトも無限通り、自由自在に決めることが可能。
  4. フォーム設置1タッチ
    フォームを1タッチで配置。フォームの背景や送信ボタンの文字やデザインなども自由に変更可能。

Grazioso

ランディングページ(LP)を作成するのに特化したワードプレステーマです。

レスポンシブ対応WordPressテーマ「Grazioso」

Graziosoの特徴

  1. 料金
    ¥19,800(1サイト用)。¥49,800(複数サイト・無制限、第三者のためのサイト制作にも利用可)
  2. フラットデザイン & パララックス効果。完全日本語対応のWordPressテーマ。
  3. レスポンシブ対応。
  4. アニメーション効果で訪問者の注目を集め、記事の精読率アップに貢献します。

KITEKITE

ランディングページ(LP)を作成するのに特化したワードプレステーマです。

  1. 料金
    ¥9,820
  2. デザインがおしゃれ
    グラフィックデザインにこだわったオリジナルパーツは、カラーやデザインのバリエーションが豊富で約500種類。自分の好きなパーツを組み合わせて世界でひとつだけのウェブサイト・LP(ランディングページ)を作れます。
  3. KITE KITEは25以上の便利な機能を搭載
    カウントダウンタイマー機能やサンドウィッチヘッダー、スライダー、SNSシェアボタンなど豊富な便利機能を搭載しています。

LIQUID LP

ランディングページ(LP)を作成するのに特化したワードプレステーマです。

  1. 料金
    ¥9,900
  2. WP新エディター対応
    WordPress 5.0 の最新版エディター(Gutenberg)に対応。
  3. 選べるサンプルページ
    3つのサンプルページがセットであるので、好きなLPデザインを選んで簡単に、何ページでも作成可能。
  4. ライティングのヒント
    ロジカルなLP作成マニュアルもあるので、悩む時間も削減可能。

OOPS!

OOPS!を使えば従来のLPテンプレートを凌駕したネクストレベルのWordPressランディングページが作成できます。

  1. 料金
    ¥19,800
  2. 心地よいスピードで空間を演出しターゲットの視線を引き込むパララックス仕様のトップページ
  3. 高性能な『7つのコンテンツ』を搭載したコンテンツビルダーで成約率の高いランディングページをスピード構築
  4. WordPress初心者でも自由なレイアウトページを作ることができるページビルダー

タイトルとURLをコピーしました