WordPressのデバッグモードを有効にする方法

WordPressでサイトを運営していると、思わぬトラブルなどでサイトの内容が表示されないなどの現象にぶち当たることがあります。

WordPressでトラブルが起きると最悪画面は真っ白でなんの情報も得ることができません。

でも、そんな時は慌てずにWordPressのデバッグモードを有効にしてみましょう。

そうすることで見えなかった不具合が見えてくるようになることがあります。

スポンサーリンク

WordPressのデバッグモードを有効にする方法

WordPressでサイトを運営していると予期せぬエラーなどに遭遇することがあります。

そんな時はWordPressのデバッグモードを有効にするとエラー情報から対策が見つかることがります。

今回はWordPressのデバッグモードを有効にする方法を解説します。

手順は簡単

  1. WordPressをインストールしたディレクトリ内にあるwp-config.phpをバックアップする
  2. wp-config.phpを開く
  3. define(‘WP_DEBUG’, false); と書かれている部分を見つける
  4. define(‘WP_DEBUG’, true); に書き換える
  5. wp-config.phpを保存する。

これでWordPressのデバッグモードが有効になります。

この状態で管理画面にアクセスすると画面にエラーのメッセージが表示されるようになります。

デバッグが終わったらwp-config.phpを元に戻しておきましょう。

まとめ

WordPressで管理画面が真っ白になってログインできなくなった場合はFTPでサーバーに接続して、デバッグモードを有効にしてみましょう。

エラーのヒントが見えるようになります。

以上、WordPressのデバッグモードを有効にする方法でした。

タイトルとURLをコピーしました