WordPressの子テーマの作り方

WordPressには子テーマという機能があります。

子テーマは親となるテーマのCSSなどの設定を引き継ぎながら独自のカスタマイズなどを行う際に非常に便利な機能です。

また、親テーマのバージョンアップ時に独自に行ったCSSなどのカスタマイズが無効にならないというメリットもあります。

子テーマを使わずにテーマをバージョンアップすると「style.css」が上書きされ、これまでに行った独自のカスタマイズがリセットされてしまいます。

そのようなことを避けるためにも必ず子テーマを利用してカスタマイズしましょう。

スポンサーリンク

WordPressの子テーマの作り方

WordPressの子テーマの作り方は簡単で「style.css」と「functions.php」を用意するだけです。

style.cssを作成する

まずはCSSを設定するための「style.css」を作成します。

style.cssには以下の2つの項目を最低限設定する必要があります。

  1. Template:親テーマフォルダー名
  2. Theme Name:子テーマ名

今回はWordPressにデフォルトで導入されているテーマ「Twenty Seventeen」の子テーマを作成します。

ここで注意が必要なのはTemplateはテーマ名ではなくテーマフォルダー名です。

子テーマの名前はわかりやすものをつけましょう。

ファイルの文字コードは「UTF-8」にしておきます。

functions.phpを作成する

次にfunctions.phpを作成します。

functios.phpにはデフォルトで親テーマのCSSを読みむ処理を記述しておきます。

ファイルの文字コードは「UTF-8」にしておきます。

子テーマをWordPressへアップロードする

ここまでで準備は完了なので、子テーマをWordPressに登録します。

登録する方法は2つあり、1つはFTPでサーバへ2つのファイルをアップロードします。

アップロード先は「WordPressをインストールしたディレクトリ/wp-content/themes」に子テーマの名前でフォルダーを作成し、そこへstyel.cssとfunctions.phpをアップロードします。

もう一つは作成した2ファイルをzipで圧縮して、WordPressの管理画面のn「外観」→「テーマ」で新規追加で子テーマを登録します。

子テーマが認識されない時

作成した子テーマがうまく認識されない時は以下のことを確認してみてください。

  1. ファイルの文字コードが「UTF-8」になっているか?
  2. style.cssの記述内容が正しいか?
  3. functions.phpで親テーマのCSSを読み込んでいるか?

まとめ

これで子テーマを無事WordPressに登録することができました。

最近では多くのテーマが子テーマを準備してくれているので自作する機会は減ったかもしれませんが、自分で作るも難しくはないのでやり方を覚えておくことをお勧めします。

以上、「WordPressの子テーマの作り方」でした。

WordPress
スポンサーリンク
色白おばけをフォローする

SEOに強いおすすめWordPressテーマ

THE THOR(ザ・トール)は、SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマです。
ザ・トールは、国内トップクラスのWEBデザイナー・SEOコンサルタントであるFITが長年培ってきたノウハウのすべてを注ぎ込んだ国内最高峰のWordPressテーマです。
【ザ・トールの特徴】

  1. 圧倒的にSEOに強く、抜群に上位表示されやすい
  2. おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる
  3. アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」を搭載

「賢威(ケンイ)」は、SEO業界で圧倒的な実績を持つ京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、そのノウハウを余すことなく詰め込んだ、SEOテンプレートパックです。
2007年1月に発売して以来、上場企業や中小企業のWeb担当者、個人起業家、アフィリエイターやブロガーなど、2万を超えるユーザーに利用されています。
賢威の特徴

  1. SEOテンプレート(HTML版 / WordPress版)、200ページを越えるSEOマニュアル、サポートフォーラムの利用権がセット
  2. ウェブライダーがもつ検索で上位表示させるためのノウハウが注ぎ込まれている
  3. コンテンツマーケティング、セールスページ、ブログなど幅広い用途に使える
  4. 賢威ユーザー限定のサポートフォーラムがあり、フォローが充実している
  5. 最新の賢威へのバージョンアップは原則無料

BRIDGEは記事コンテンツの価値を高め広告収入をUPさせる新しいアフィリエイト専用WordPressテーマです。ランキング・比較・口コミ・レビューサイトなど、アフィリエイトに特化して開発された「BRIDGE」は、検索者と有益な商品・サービスを提供する事業者との架け橋となり本物の価値あるコンテンツを配信するアフィリエイターの広告収入をアップさせます。

ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました