PythonでExcelの結合(マージ)されたセルを取得する方法

プログラミング Python

PythonでExcelファイルの結合(マージ)されたセルを取得するにはopenpyxlのmerged_cellsを使うと簡単に取得できます。

スポンサーリンク

PythonでExcelの結合(マージ)されたセルを取得する

PythonでExcelファイルのマージされたセルを取得するにはopenpyxlのmerged_cellsを使います。

openpyxlパッケージは標準ではインストールされていないので、利用するには

pip install openpyxl

でインストールする必要があります。

インストールが完了したら実際に使ってみます。

openpyxlのmerged_cellsの使い方

openpyxlのmerged_cellsを使うのは簡単で対象のsheetオブジェクトが持っているmerged_cellsを参照するだけです。

まず、読みこむExcelは以下のようなものです。
PythonでExcelの結合(マージ)されたセルを取得する方法

実際に結合(マージ)されたセルを取得して表示してみます。

import sys

import openpyxl
from openpyxl import  load_workbook

wb = load_workbook( "./マージ.xlsx" )
sheet = wb.active

for merge_cell in sheet.merged_cells :
    print( "{}{}".format( type( merge_cell ), merge_cell ))

merged_cells はopenpyxl.worksheet.cell_range.CellRangeの配列です。

上記のソースを実行すると

<class 'openpyxl.worksheet.cell_range.CellRange'>A4:A5
<class 'openpyxl.worksheet.cell_range.CellRange'>A3:B3
<class 'openpyxl.worksheet.cell_range.CellRange'>A6:B7

ということで結合(マージ)されたセル3か所が取得されています。

まとめ

PythonでExcelファイルの結合(マージ)されたセルを取得するにはopenpyxlのmerged_cellsを使うと簡単に取得できます。

以上、PythonでExcelの結合(マージ)されたセルを取得する方法でした。

タイトルとURLをコピーしました