Pythonで昨日や明日、来年、去年などの日付を計算する方法

Pythonで現在日付から昨日、明日、今日、去年、来年、先月、来月、月初、月末などを計算で取得する方法です。

スポンサーリンク

Pythonで現在日付からいろんな日付を計算で求める

Pythonで現在日付から昨日、明日、今日、去年、来年、先月、来月、月初、月末などを計算で取得する方法です。

Pythonには便利なモジュール「relativedelta」があるのでそれを利用します。

まずは「import」から

最低、この2つはimportしてください。

では、実際の日時の計算ですが基本は「relativedelta」に計算したい日なら「days」、月なら「months」を使って指定して行います。
例えば「昨日」なら「days」に「1」を指定しけ今日の日付から引き算します。

実行結果は

になります。

ではいろいろな日時を計算してみましょう。

実行結果は

になります。

簡単ですね。

まとめ

Pythonで現在日付から昨日、明日、今日、去年、来年、先月、来月、月初、月末などを計算で取得するにはrelativedeltaが便利です。

以上、Pythonで昨日や明日、来年、去年などの日付を計算する方法でした。

タイトルとURLをコピーしました