WordPress

ワードプレスで簡単にLP(ランディングページ)を作れるテーマ

最近ではワードプレスでLP(ランディングページ)を作成することが増えてきました。

ワードプレスで作成すればSEOに関する優秀なプラグインもあり、最近のテーマはちゃんとSEO対策が考慮されたものが多いので、基本的に自分でHTMLを組み上げるよりは簡単に成果の出やすいLP(ランディングページ)を作成することができます。

LP(ランディングページ)を作成にオススメなテーマ

さて、一口にワードプレスでLP(ランディングページ)を作成すると言っても、いろいろ方法はあるわけですが、一番簡単なのはLP(ランディングページ)を作成することに特化したテーマを利用することです。

ちなみにLP(ランディングページ)を説明すると

広い意味ではユーザーが検索でサイトに最初に訪れたページのこと。
今回のランディングページは1ページで構成された、ユーザーに対して問合せや購入などのアクションを促すことに特化したページのことを指します。


になります。

LP(ランディングページ)を作成することに特化したテーマなら、デザイナーが作った綺麗なデザインもそのまま使えるし、SEOに特に注意を払うことなく完成させることができます。

一般的なテーマでもページを1カラムにできたり、LP(ランディングページ)を作成することを意識した設定にできたりするものもありますが、基本的には専用のテーマを選んだ方が楽です。

以下にLP(ランディングページ)を作成にオススメのテーマを挙げておきますので、LP(ランディングページ)を作成する際は参考にしてみてください。

Grazioso

Graziosoは1カラムでフラットデザインのLP(ランディングページ)を難しいHTMLやCSSを触ること無く作れるWordPressテーマのです。

Grazioso

  • 料金
    ¥19,800(1サイト用)。¥49,800(複数サイト・無制限、第三者のためのサイト制作にも利用可)
  • フラットデザイン & パララックス効果。
    「1カラム フラットデザイン」を、HTMLやCSSなどの難しい知識を必要とせず、誰でも簡単に実現できることを目的に開発された、完全日本語対応のWordPressテーマ。
  • レスポンシブ対応。
    レスポンシブ・グリッドシステム・フレームワークを採用し各種メジャーなブラウザはもちろん、タブレット端末やスマートフォンからのアクセスにも最適なレイアウトで表示するように設計されています。
  • アニメーション
    テキストと画像が相互にスライドして表示されるアニメーション効果やスムーズスクロール、専用ウィジェットを使用することで現わされる機能など、jQueryを利用した多彩な表現でWebサイトの訪問者の注目を集め、記事の精読率アップに貢献します。

OOPS!

「OOPS!」は商品販売、資料請求、アプリダウンロード、メールマガジン登録などのコンバージョン率をアップさせるために開発されました。
「OOPS!」は、コンテンツマーケティングの効果を最大限に発揮するためのワンカラム構成の記事ページ、クリック率を高めるためのABテスト可能なCTA機能を搭載し、従来のLPテンプレートを凌駕したネクストレベルのランディングページを作成できるWordPressテーマです。

OOPS!

  • 料金
    ¥19,800
  • 心地よいスピードで空間を演出しターゲットの視線を引き込むパララックス仕様のトップページ
  • 高性能な『7つのコンテンツ』を搭載したコンテンツビルダーで成約率の高いランディングページをスピード構築
  • ブログ記事のアクセスをランディングページに呼び込むABテストが可能なCTAを新搭載
  • インターネット集客から複利的に利益を増やすためのコンテンツマーケティング戦略
  • WordPress初心者でも自由なレイアウトページを作ることができるページビルダー

Colorful (カラフル)

Colorful (カラフル)は豊富な部品(画像やボタン)を選択し並べていくイメージで簡単にLP(ランディングページ)を作成することができます。

Colorful (カラフル)

  • 料金
    ¥8,760
  • ヘッダー画像作成機能搭載
    画像制作ソフトを導入することなくヘッダー画像を制作できる。
  • レイアウト無限種類
    ワンタッチでそれぞれのパーツを設置できるため、レイアウトも無限通り、自由自在に決めることが可能。
  • フォーム設置1タッチ
    フォームを1タッチで配置。フォームの背景や送信ボタンの文字やデザインなども自由に変更可能。

LIQUID LP

LIQUID LPは20,000ダウンロードの実績を誇るWordPressテーマの「LIQUID PRESS」を作成しているリキッドデザイン株式会社がリリースしているLP(ランディングページ)用WordPressテーマです。

LIQUID PRESSには多くの種類があり、その1つがLP(ランディングページ)用テーマ「LIQUID LP」になります。

LIQUID LP

  • 料金
    ¥9,900
  • WP新エディター対応
    WordPress 5.0 の最新版エディター(Gutenberg)に対応。
  • 選べるサンプルページ
    3つのサンプルページがセットであるので、好きなLPデザインを選んで簡単に、何ページでも作成可能。
  • ライティングのヒント
    ロジカルなLP作成マニュアルもあるので、悩む時間も削減可能。

KITE KITE

KITE KITEと同じレベルの機能とデザインだと、業者に頼めばLP1枚15万円前後、ウェブサイトだと50万前後はしますが、KITE KITEは9,820円で何ページでも無限に作成が可能です。
LP(ランディングページ)はもちろん、ウェブサイトも出来てしまうのに加え、簡単、多機能、初心者に優しいサポートも充実、オリジナルのデザインパーツも500個以上と充実すぎるパッケージでこれまでのウェブ制作の常識を覆す価格とパッケージ内容です。

KITE KITE

  • 料金
    ¥9,820
  • 主な機能
    スマホ対応、カウントダウンタイマー、スライダー、CTAフッター、個別SEO設定、メルマガ登録フォーム、アニメーション、チェックマークボックス、SNSシェアボタン、ナビゲーションメニュー、よくある質問BOX。
  • デザインがおしゃれ
    グラフィックデザインにこだわったオリジナルパーツは、カラーやデザインのバリエーションが豊富で約500種類。自分の好きなパーツを組み合わせて世界でひとつだけのウェブサイト・LP(ランディングページ)を作れます。
  • 初心者でも自由自在にレイアウトが可能
    1ページだけではなく、下層ページも作成可能!どんな内容のウェブサイト・LP(ランディングページ)でも作れます。
  • KITE KITEは25以上の便利な機能を搭載
    カウントダウンタイマー機能やサンドウィッチヘッダー、スライダー、SNSシェアボタンなど豊富な便利機能を搭載しています。

ALPHA2 WordPress Themeh

ALPHA2 WordPress Themeを使うだけで、記事の信頼性をアップさせる高品質なデザインを短時間でつくることができます。

ALPHA2 WordPress Theme

  • 料金
    ¥22,800
  • ストレスフリーの記事作成
    HTMLやCSSの知識は必要ありません。簡単な操作で結果を確認しながら文字や写真をレイアウトできます。
  • レイアウトも自由自在
    複数のデザイン、レイアウトを選択できます。それらは何度も何度もバージョンアップを繰り返し非常に洗練されていますので、どんなテーマのサイトにもピッタリ。
  • 次世代SEOにも対応
    SEOの技術的な難易度が上がっていますが、Alphaは全て対応しておりGoogleからも高い評価を受けています。




-WordPress
-

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2019 All Rights Reserved.