INPUTタグのTYPE、month、week、datetime-local、time、number、range、color、password

INPUTタグのTYPEにはmonth、week、datetime-local、time、number、range、color、passwordなど便利に使えるものが数多く準備されています。

それぞれの使い方を実例で解説します。

スポンサーリンク

INPUTタグのTYPE

HTML5ではINPUTタグのTYPEに指定できるものが増えました。

それぞれブラウザーによって見え方が若干違いますが、使える範囲が広そうなTYPEを紹介します。
(動作確認はGoogle Chromeで行っています。)

INPUT TYPE=”month”

“month”は年月を選択、入力できるようにするTYPEです。

年月:<input type="month">

を実際に表示すると
年月:
年月が選択できるようになります。

INPUT TYPE=”week”

“week”は年の中での週を選択、入力できるようにするTYPEです。

週:<input type="week">

を実際に表示すると
週:
週が選択できるようになります。

INPUT TYPE=”datetime-local”

“datetime-local”は日時を選択、入力できるようにするTYPEです。

日時:<input type="datetime-local">

を実際に表示すると
日時:
日時が選択できるようになります。

INPUT TYPE=”time”

“time”は時間を選択、入力できるようにするTYPEです。

時間:<input type="time">

を実際に表示すると
時間:
時間が選択できるようになります。

INPUT TYPE=”number”

“number”は数値を選択、入力できるようにするTYPEです。

数値:<input type="number">

を実際に表示すると
数値:
数値が選択できるようになります。

INPUT TYPE=”range”

“range”は範囲が選択できるようにするTYPEです。

範囲:<input type="range">

を実際に表示すると
範囲:
範囲が選択できるようになります。

INPUT TYPE=”color”

“color”はカラーパレットが選択できるようにするTYPEです。

カラーパレット:<input type="color">

を実際に表示すると
カラーパレット:
カラーパレットが選択できるようになります。

INPUT TYPE=”password”

“password”はパスワードが入力できるようにするTYPEです。

入力された文字は「●」となり表示されません。

パスワード:<input type="password">

を実際に表示すると
パスワード:
パスワードが入力できるようになります。

まとめ

INPUTタグのTYPEには多くのものが指定でき、それぞれを上手く使うことでJavascriptなどでの制御を減らすこともできるので活用していきましょう。

以上、INPUTタグのTYPE、month、week、datetime-local、time、number、range、color、passwordでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
HTML
このサイトをフォローする
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました