HTMLでテキストの表記方向指定するタグ「bdo」

HTMLでテキストの表記方向を指定するには「bdo」タグを使用します。

日本語や英語では横書きの場合、テキストは左から右に書かれますが、アラビア語やヘブライ語などはテキストは右から左に書かれます。

アラビア語やヘブライ語の右から左にテキストを書く場合に使えるのがこの「bdo」タグです。

スポンサーリンク

テキストの表記方法を指定するbdoタグ

HTMLでのテキストは通常左から右に書かれますが、アラビア語やヘブライ語などはテキストは右から左に書かれます。

そのような場合にbdoタグを使えばテキストを右から左へ書くことができます。

bdoタグにはdir属性があり

  • ltr(left-to-right)左から右
  • rtl(right-to-left)右から左

の2つの値を設定することができる。

実際のHTMLは以下のようになります。

<bdo dir="ltr">この文章は左から右に書きます。</bdo>
<bdo dir="rtl">この文章は右から左に書きます。</bdo>

このHTLMを表示すると

この文章は左から右に書きます。
この文章は右から左に書きます。

のようにテキストの表記方向を制御することこができます。

まとめ

HTMLでbdoタグを利用すればテキストの表記方向を「左から右(ltr)」、「右から左(rtl)」と制御して表示することができます。

以上、HTMLでテキストの表記方向指定するタグ「bdo」でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
HTML
このサイトをフォローする
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました