WordPressで企業サイトを作成するメリットとデメリット

最近では企業のサイトをWordPressを使って作成しているサイトも増えてきました。

でも「今度はサイトをWordPressで構築しましょう」というと何故かものすごい反対をされてしまいました。

不思議です。

実際に多くの有名企業でもWordPressで企業サイト作って運用しているのですから。

例えば株式会社カカクコムクックパッド株式会社ラクスル株式会社などなど。

今回はWordPressで企業サイトを作る是非をメリット・デメリットを見ながら考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

WordPressで企業サイトを作成するメリットとデメリット

基本、わたしはWordPressで企業サイトを作成するには賛成です。

でも当然反対の人もいます。

で、反対の人の意見を聞くと

  1. 企業の成果物をフリーのソフト使って作るなんて
  2. セキュリティーリスクがある
  3. WordPressのデータが壊れたらサイトが表示できなくなる
  4. メンテナンスにはWordPress覚えいといけない
  5. なんか知らんけど表示遅いらしいやん

みたいなような感じです。

まぁ、なるほどと言えばなるほど。

でも、本当にそうなんでしょうか?

WordPressを使うメリット

では、私の考える(感じる)WordPressを使って企業サイトを作るメリットをあげてみましょう。

  1. SEO対策が取りやすい
  2. SSD対応でWordPress高速化に特化しているサーバーであれば表示速度は気にしなくても良い
  3. 見た目の統一感を出しやすい
  4. テーマを変えるだけで見栄えを簡単に変えることができる
  5. メール送信やデータ保存など実現したい機能がプラグイン導入で簡単にできる
  6. 見栄えをある程度テーマに依存することで執筆に専念できる

のような感じでしょうか。

特に「SEO対策が取りやすい」「実現したい機能がプラグイン導入で簡単にできる」は大きなメリットだと思っています。

SEO対策が取りやすい

いまの検索エンジンに対しての技術的なSEO対策は大きく意味をなさなくなってきた(コンテンツ重視になっている)とは言え、まったく考慮していないサイトとそうでないサイトでは自ずから差が出てくると思います。

WordPressを使えば、SEOに対応するプラグインを導入したり、SEOに強いと言われているテーマを選ぶだけで、基本的なで最低限のSEO対策は行えてしまいます。

プラグインで言えば「Yoast SEO」や「All in One SEO Pack」などの有名なプラグインがあり、ほぼ有効化するだけで多くのSEO対策が実施されます。

企業サイトに必須の「お問い合わせ」も「ContactForm7」を導入するだけでメールの送信からデータの保存(Flamingoというプラグインが必要)までできてしまいます。

テーマでは「AFFINGER5」「Cocoon」「Luxeritas Theme」といった「SEOに強い」というテンプレートを導入すれば、テーマの方でHTMLの構造的な面でSEO対策が施されたHTMLを出力してくれるものも数多く存在します。

デメリットは解決できないのか?

先にあげたデメリットでも高速なサーバを選んで、きちんとWordPressやテーマ、プラグインの更新を最新化していけば大きな問題にはなりません。

また、万が一セキュリティー的な不具合が発見されても、世界中のコミュニティーが迅速な対応でパッチがすぐにリリースされます。

なので、通常のサイト運営と同様に、最新化とバックアップさえ取っていればそれほど大きな問題なるとは考えにくいのです。

おすすめのWordPressテーマ

以下は企業サイトを作成するのにおすすめのWordPressテーマです。

FAKE

FAKEを使えばトップページですべてを伝える、勢いを感じさせる企業サイトを短期間で構築が可能です。
FAKE搭載のコンテンツビルダーは、トップページのコンテンツを自由に入力・並び替えすることができ、管理画面から画像やテキストを入力し、初期設定を済ませれば簡単にオリジナルのコーポレートサイトが完成するようになっています。

NANO

御社がウェブで影響力拡大を図るなら、WordPressテーマ「NANO」はもっとも強力なツールです。
それはこれほどまでにあらゆる角度から情報発信できるWordPressテーマは国内外でも存在しないからです。
例えば、「会社案内」や「実績紹介」にしても一覧ページと詳細ページの二重構成になっているのです。
これはつまり、社長挨拶や企業理念といった下層ページによりスポットが当たる構造ということです。
「NANO」によって情報配信の可能性を広げることで社内の情報発信力も同時に強化する。
それが結果的にウェブでの集客や収益に大きく繋がります。

NEXTAGE

企業サイトは会社の「顔」とよく言われます。いわば「名刺」代わりです。
なぜなら、ホームページのデザインやコンテンツの充実度によって、信用が決まると言っても過言ではないからです。
WordPressテーマ「NEXTAGE」では、企業サイトのクオリティをデザインからサイト構成に至るまで、飛躍的に向上させます。

まとめ

いつも「反対だ!!」という人は恐らく「WordPressって難しそう」とか「WordPressを覚えるの大変」ということが先にきて反対しているだけではないかと。

でもよく考えてみてください。

巷で多くいるアフィリエイターや趣味でブログを書いている人の多くも「WordPress」でサイトを運営しています。

そう、WordPressは誰でも簡単にサイト運営ができるのです。

それに加えて「SEO対策」もコンテンツの管理も見た目の統一なども全部WordPressにお任せできるのです。

管理者にとってはその方が楽では?

と思うのですが皆様はどうでしょうか?

FAKEを使えばトップページですべてを伝える、勢いを感じさせる企業サイトを短期間で構築が可能です。
FAKE搭載のコンテンツビルダーは、トップページのコンテンツを自由に入力・並び替えすることができ、管理画面から画像やテキストを入力し、初期設定を済ませれば簡単にオリジナルのコーポレートサイトが完成するようになっています。


御社がウェブで影響力拡大を図るなら、WordPressテーマ「NANO」はもっとも強力なツールです。
それはこれほどまでにあらゆる角度から情報発信できるWordPressテーマは国内外でも存在しないからです。
例えば、「会社案内」や「実績紹介」にしても一覧ページと詳細ページの二重構成になっているのです。
これはつまり、社長挨拶や企業理念といった下層ページによりスポットが当たる構造ということです。
「NANO」によって情報配信の可能性を広げることで社内の情報発信力も同時に強化する。
それが結果的にウェブでの集客や収益に大きく繋がります。


企業サイトは会社の「顔」とよく言われます。いわば「名刺」代わりです。
なぜなら、ホームページのデザインやコンテンツの充実度によって、信用が決まると言っても過言ではないからです。
WordPressテーマ「NEXTAGE」では、企業サイトのクオリティをデザインからサイト構成に至るまで、飛躍的に向上させます。

タイトルとURLをコピーしました