SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する2

過去の投稿「SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する1」で示した方法では
1つのストアドプロシジャーのソースしか表示できなかったので、Transact-SQLを使ってデータベース内の
すべてのものを取れないかと追加調査。

と実行すればすべてのストアドプロシジャーのソースが表示できる。

しかしinformation_schema.routinesのHELPには

関数またはストアド プロシージャが暗号化されていない場合、
関数またはストアド プロシージャの定義テキストの
最初の 4,000 文字を返します。
それ以外の場合は NULL が返されます。
完全な定義を取得するには、OBJECT_DEFINITION関数または
sys.sql_modulesカタログビュー内のdefinition列に対して
クエリを実行します。

という記述があるので、長いストアドプロシジャーのソースは最後が
切れる可能性がるようです。

とすればソースのすべてが取得できるのでこちらの方が良いかもしれませんね。
OBJECT_NAME()というTransact-SQLの関数も使ってます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14 follow us in feedly

関連記事

no-img

データベースに登録されている内容を固定長のファイルに出力する(1)

登録されている内容を固定長で出力 データベースに登録されている内容を固定長のファイルに 出力する

記事を読む

no-img

TOP句で変数を使ってSQLを1行にする

TOP句で変数を使ってSQLを1行にする TOP句を使って複雑なSQLを簡単にします。 SE

記事を読む

no-img

CASE WHENを使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐する

SQLでIFを使わずに条件分岐する SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、

記事を読む

no-img

SQLで西暦から和暦変換を行う

SQLを使って西暦から和暦変換を行う SQLServerには西暦和暦変換関数が無いようなので、

記事を読む

no-img

SQL Server-テーブルのプライマリーキー(PK)を取得する

SQL ServerでSQLを使用してプライマリーキー(PK)を取得する必要があったので ちょっと

記事を読む

keybord_black

SQLで大文字、小文字変換を行う

SQLで大文字⇔子文字変換を行う SQLで大文字⇔小文字変換を行うには「UPPER関数」と「LOW

記事を読む

no-img

0で埋めで固定長のデータにする

0で埋めで固定長のデータにする データべース内のデータを0埋めして取得します。 RIGHT(

記事を読む

no-img

再帰SQLで歯抜けの日付データを取得する

再帰SQLを使って歯抜けの日付データを取得 処理が自動実行(バッチ処理)で実行された日付を管理して

記事を読む

SQLサーバ

1行のINSERT文で複数のデータを挿入する方法

1行のInsertで複数件のデータ挿入 これまでは1行INSERT文では1行のデータしか挿入できま

記事を読む

calender

指定された月の日数をSQLで求める

指定された月の日数をSQLで求める SQLServerには該当月の日数を求める関数がないので

記事を読む

no-img
SELECTした結果をランダムに並び変える

SQLでSELECTした結果をランダムに並び変えて表示する SQLS

no-img
SQLServerのエラーコードを取得するSQL

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLS

no-img
SQLServerでホスト名を取得する

SQLServerが動作しているホスト(サーバ)名取得 SQLSer

no-img
SQLServer上にあるストアドプロシージャーの更新日時を取得する。

ストアドプロシージャーの更新日時を取得する ここ数日間で変更されたS

no-img
SQL Server のファイルサイズを圧縮する

データベースファイルのサイズを圧縮する データベースファイル(.md

→もっと見る



PAGE TOP ↑