再帰SQLで最大再帰数の指定

公開日: : 最終更新日:2013/12/11 SQL Server ,

再帰SQLを実行すると最大再帰数に達してエラー

先日作成した日付を管理しているテーブルから共通テーブル式と再帰SQLを使って歯抜けの日付データを取得するですが、
日付を1年分にして再帰SQLを実行すると「ステートメントが終了しました。ステートメントの完了前に最大再帰数 100 に達しました。」
とエラーが発生しました。

どうやら無限ループ等が発生した場合のことを考慮して再帰SQLでは再起の出来る回数の
上限値を設定されているようです。

この上限値を変更するには「MAXRECURSION」を指定します。

最大再帰数「MAXRECURSION」を使う

設定方法は

で上限値を設定します。

設定できる値は「0」から「32,767」までで、「0」は上限なしに
なります。
規定値は「100」です。

最大再帰数「MAXRECURSION」の指定方法

実際の指定方法は

になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

SQLServer

SQLServerで「WITH ROLLUP」を使って小計、総合計を出力する

「WITH ROLLUP」を使って小計、総合計を出力 SQLServerでは「WITH ROLLU

記事を読む

テーブルにユニークインデックス(UNIQUE INDEX)を作成する

テーブルにユニークインデックス(UNIQUE INDEX)を作成 すでに作成したテーブルにユニ

記事を読む

春分の日と秋分の日をSQLで求める計算式

春分の日と秋分の日は毎年違う 春分の日と秋分の日は 祝日としての春分の日・秋分の日は、 前

記事を読む

SQLServerではTRIM関数がありません

SQLServerでは空白を取り除くTRIM関数がない SQLServerではOracleやMyS

記事を読む

SQLServer

テーブルに設定されているインデックスをSQLで検索する

テーブルに設定されているインデックスをSQLで検索 SQLServerでテーブルに設定されてい

記事を読む

SQLで日付範囲の重複をチェックする

SQLで日付範囲の重複をチェックする SQLで日付範囲の重複をチェックする必要が出たので調査しまし

記事を読む

SQLサーバ

1行のINSERT文で複数のデータを挿入する方法

1行のInsertで複数件のデータ挿入 これまでは1行INSERT文では1行のデータしか挿入できま

記事を読む

SQLServerでカンマ区切り (CSV) で文字列取得

SQLの取得結果をカンマ区切りで取得 Where句のINにSQLで取得した結果を直接利用したり

記事を読む

SQLで文字列を反転させる

SQLで文字列を反転させる SQLで文字列を"012345"を後ろから並び変えて"543210"の

記事を読む

Transact-SQLで日本語を(2バイト文字)を含むデータの扱い

Transact-SQLで日本語を(2バイト文字)を含むデータをそのままSUBSTRING()すると

記事を読む

SELECT INTOで既存テーブルのデータを新規テーブルにコピーする

既存テーブルのデータを新規テーブルにコピーします。 簡単だが結構忘れ

SQLServer上にあるテーブルの更新日時を取得する。

テーブルの更新日時を取得 SQLServer上にあるストアドプロシー

ALTER TABLEのALTER COLUMNで「列 ‘xxxxx’ に依存しています」とエラーになる

ALTER COLUMNで「列 'xxxxx' に依存しています」とエ

呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する

呼び出したストアドプロシジャーの戻り値を使用する 処理の構成上、スト

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する

GROUP BYとHAVINGで最新日付データを取得する 社員マスタ

→もっと見る



PAGE TOP ↑