SQLServerでシステム日付を取得する

SQLServerのインスタンスを実行しているコンピューターのシステム日付を取得します。

スポンサーリンク

様々な関数でコンピューターのシステム日付を取得する

SQLServerのインスタンスを実行しているコンピューターのシステム日付を取得します。
いろいろな種類があるのでその実行結果をまとめてみます。

SYSDATETIME()で日付取得

SQL Server のインスタンスを実行しているコンピューターの日付と時刻を含む datetime2(7) 値を返します。

    SELECT SYSDATETIME() AS RET_SYSDATETIME

実行結果

    2013-05-09 09:42:17.1473077

SYSDATETIMEOFFSET()で日付取得

SQL Server のインスタンスを実行しているコンピューターの日付と時刻を含むdatetimeoffset(7) 値を返します。 タイム ゾーン オフセットが含まれます。

    SELECT SYSDATETIMEOFFSET() AS RET_SYSDATETIMEOFFSET

実行結果

    2013-05-09 09:42:17.1473077 +09:00

SYSUTCDATETIME()で日付取得

SQL Server のインスタンスを実行しているコンピューターの日付と時刻を含む datetime2 値を返します。日付と時刻は UTC 時刻 (協定世界時) で返されます。

    SELECT SYSUTCDATETIME() AS RET_SYSUTCDATETIME

実行結果

    2013-05-09 00:42:17.1473077

CURRENT_TIMESTAMPで日付取得

データベース システムの現在のタイムスタンプを、データベースタイム ーンオフセットを持たない datetime 値として返します。

    SELECT CURRENT_TIMESTAMP AS RET_CURRENT_TIMESTAMP

実行結果

    2013-05-09 09:42:17.147

GETDATE()で日付取得

データベース システムの現在のタイムスタンプを、データベースタイムゾーンオフセットを持たないdatetime値として返します。

    SELECT GETDATE() AS RET_GETDATE

実行結果

    2013-05-09 09:42:17.147

GETUTCDATE()で日付取得

データベース システムの現在のタイムスタンプをdatetime値として返します。

データベースのタイム ゾーン オフセットは含まれません。

    SELECT GETUTCDATE() AS RET_GETUTCDATE

実行結果

    2013-05-09 00:42:17.147
タイトルとURLをコピーしました