SQL Server

指定した値と同じ場合はNULLを返すNULLIF関数

使いどころがいまいち不明な「NULLIF()」

SQLServerには使いどころがいまいち不明な関数があります。
そのなかの一つ「NULLIF()」。

NULLIF()は値が同じならNULLを返す

NULLIF()は2つの引数を持ち、その引数の値が同じならNULL、違うなら
第1引数の値を返します。

でも使いどころいまいち不明です。
一応使い方のサンプル

で、実行結果は

どこかのサイトには割り算の分母が0の場合は例外エラーが発生するので、

みたいな例があったけどWhere句で「point!=0」って書けば済むような気がします。

ちょっと使いどころいまいち不明のままです。

スポンサーリンク

-SQL Server
-,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2019 All Rights Reserved.