Oracle

SQLを少しでも高速化するためのチューニング

投稿日:2013/02/12 更新日:

OracleでのSQL高速化

かなり前なりますが作った処理が遅く、「SQLだけでも見直せ!!」ということで調べていた内容です。
SQLを高速化するチューニングは難しいですが、以下のことを知っているだけでも少しはましなので、書いておきます。
(この時の仕事はOracle9iでした。)

キーワードは大文字

SQLのキーワードはすべて大文字で書く。(キャッシュを使う確率をあげる)

これは高速化にも寄与しますし、コーディング上キーワードを大文字で統一しておくことで、ソース上での検索キーワードなどにも指定でき、デバッグにも役立ちます。
(大文字だけの「SELECT」を探せば実際に「SELECT」文を発行 している箇所がgrepだけで検索できます。)

バインド変数利用

可能であればバインド変数を利用する。

これもSQLのキャッシュへのHIT率を上げます。
「:col_data」の内容が変化してもSQLがキャッシュに残っていればSQLの再コンパイルが実行されないので、その分、応答時間が短くなります。

SELECT * は不可

SELECT * は使用不可。

これもSQLのキャッシュへのHIT率を上げるようです。
また、無駄なカラムを取得する処理が省かれるようなので必ず指定しましょう。

SELECT COUNT(*)は使用不可

SELECT COUNT(*)は使用しない。

但し、col1に「NULL」データが含まれるかどうかの確認は必要です。

ANDよりBETWEEN

ANDよりBETWEENの使用を検討する。

HAVINGよりWHERE

HAVINGよりWHEREの使用を検討する。

テーブルの別名

テーブルに別名を付ける。

ROWIDの利用

可能であるならばROWIDの利用を検討する。

複雑なWHERE句を書いているのであれば、ROWIDを使用することにより、直接レコードを特定できるので処理が速くなります。

列の演算不可

列を演算(関数を使用)しない

これをやってしまうと、せっかく設定した「index」が利用されず処理が遅くなります。
これは特に注意が必要です。

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方ですが、最近ではブログを立ち上げて、そこから広告収入を得る「アフィリエイト」が随分一般的になりました。 私の周りでも実際にやっている人が多くいます。 アフィ ...

プログラミング 2

SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見ました。 SQLでIFを使わずに条件 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでは「ユーザー定義型」と呼ばれる独自のテーブル型をした戻り値を返す関数を作成することができます。 その作り方と使い方を解説します。 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を ...

5

アフィリエイトでいきなり成果を出すのは難しいです。 でも、成果がないとレンタルサーバー代やドメイン代がペイできません。 しかも長い間、結果がでないとやる気もなくなってしまいます。 そういったことを防ぐ ...

-Oracle
-, , ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2018 All Rights Reserved.