プラグイン

「WP to Twitter」が投稿エラーになる

投稿日:2013/10/29 更新日:

「WP to Twitter」の投稿エラー

今朝からずっとWordPressで投稿した記事をTwitterに自動投稿
してくれるWordPressプラグイン「WP to Twitter」が、
投稿に失敗してしまってました。

エラー回避で行った対応

WordPressを3.7にアップデートしたのが原因かと思い
しばらく待ってみるつもりでしたが、投稿できないのも
もったいないので、最初からやり直しました。

ツイッターでの承認解除

一旦、Twitterで設定している「アプリケーションの承認」を
解除しました。
解除方法はTwitterにログインして「設定」→「アプリ連携」で
該当の連携の「許可を取り消す」をクリックします。

WordPressと「WP to Twitter」の連携解除

次にWordPressの管理コンソールから「WP to Twitter」を選択して
設定画面にある「Twitterとの連携解除」をクリックします。

「WP to Twitter」のキーをクリア

まず「WP to Twitter」のページにアクセスして
ログイン後、自分のTwitterアイコンが表示される部分をクリックして
wp_menu
「My Application」を選択し、表示された画面の
reset_dsp
「ResetKeys」をクリックします。

「WP to Twitter」のキーを再設定

再度、「WP to Twitter」のキーを取得し直して、WordPressの
管理画面で再設定します。

Twitter側でアプリの連携を設定する

設定方法はTwitterにログインして「設定」→「アプリ連携」で
該当の連携の「許可を取り消しを止める」をクリックします。

これで再度記事を投稿するとTwitterに記事の内容が
自動投稿されるようになるはずです。

投稿すると違うエラーが出た

これで行けるかと喜んで投稿しましたが今度は別のエラー、
「Auth 認証に失敗しました。サーバーの時刻が Twitter サーバーと
大幅にずれています。ホスティングサービスに連絡してください。」
と言われました。
文字通りずれているのでしょう。
この対処は「WP to Twitter」の詳細設定にある
「Switch to http connection. (Default is https)」をチェックして
有効にすると回避できました。

これでやっと新規投稿するとTwitterにお知らせ投稿ができるように
なりました。復活です。

なお、うまくいかなくなった原因はいまだ不明です。
でもWordPress3.6からWordPress3.7に他で運営しているサイトを
バージョンアップして実験しましが、そのサイトではこのような
トラブルは発生しませんでした。

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

当サイトは約5年間、さくらのレンタルサーバで運用させて頂きました。 何かトラブルがあったわけではないのですが、WordPressの表示速度を速くしたくてSSD搭載のレンタルサーバーで運用してみることに ...

プログラミング 2

Contents1 SQLでIFを使わずに条件分岐する1.1 1.テーブルとデータの準備1.2 2.条件を分岐させて検索1.3 3.解説 SQLでIFを使わずに条件分岐する SQLでIFを書けばWHE ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

Contents1 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る1.1 テーブル型を戻り値とする関数の作成1.2 呼び出しかた SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQL ...

5

Contents1 アフィリエイトで即効成果を出す1.1 自分で買えば確実に成果が上がる1.2 A8.netでは自分で購入してもOKなものがある1.2.1 A8.netにサイトを登録する1.2.2 承 ...

-プラグイン
-, ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2017 AllRights Reserved.