SELECTでUNIONは複数個使える

公開日: : 最終更新日:2014/04/30 SQL Server , , ,

SELECTでの複数のUNIONの使い方

SELECTでUNIONは複数個、連続して使えるようです。

実行するSQL

実行するSQLです。

以下が実行結果。

2つしか書いたことがありません。知りませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

春分の日と秋分の日をSQLで求める計算式

春分の日と秋分の日は毎年違う 春分の日と秋分の日は 祝日としての春分の日・秋分の日は、 前

記事を読む

SQLServerでテーブルの存在を確認する

データベース内のテーブル情報をから存在を確認する プログラムで動的にテーブルを作成したりする場合に

記事を読む

SQLServerのエラーコードを取得するSQL

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコー

記事を読む

DEFAULT制約付きのカラムの属性を変更する

DEFAULT制約付きのカラムの属性を変更する SQLServerでDEFAULT制約付きのカラム

記事を読む

「INNER JOIN」「LEFT OUTER JOIN」「RIGHT OUTER JOIN」「FULL OUTER JOIN」についてまとめ

SQLで良く使うJOINについて SQLでよく使う「INNER JOIN」「LEFT OUTE

記事を読む

列は既にデフォルトにバインドされています。

テーブルのカラムの属性変更でデフォルト値を変更する テーブルのカラムの属性変更でデフォルト値を変更

記事を読む

SQLで順位を取得するRANK()とDENSE_RANK()

SQLで順位を取得する SQLServerで項目の順位付け関数を利用して 順位をします。

記事を読む

ISNULL()関数を使ってSQLでIF文を使わずに条件を分岐する

ISNULLをIF文の代わりに使ってみる SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できま

記事を読む

ISNULLとCOALESCEは動作が異なる

ISNULLとCOALESCEは動作が異なるので注意が必要 とある人が作成したSQLを見ているとC

記事を読む

SQLで大文字、小文字変換を行う

SQLで大文字⇔子文字変換を行う SQLで大文字⇔小文字変換を行うには「UPPER関数」と「LOW

記事を読む

SQL Server2008で導入された[date/time/datetime2/datetimeoffset]型

SQL Server2008では新しい日付/時刻データ型 date/

SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する2

過去の投稿「SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示す

日付の重複をSQLで検索する

SQLを使って期間の重複を見つけ出す SQLを使って、開始日付、終了

sp_columns – SQL Serverでカラムの型を取得する

SQL Serverで定義されているテーブルのカラムの型を取得する

SQLServerでカンマ区切り (CSV) で文字列取得

SQLの取得結果をカンマ区切りで取得 Where句のINにSQL

→もっと見る



PAGE TOP ↑