@@ROWCOUNTで処理した件数を取得する

公開日: : 最終更新日:2016/07/19 SQL Server ,

@@ROWCOUNTは直前に処理した件数を取得するための関数

SQLServerでは実行したSQLで影響を与えた処理件数を
@@ROWCOUNTを使用することで取得できます。

@@ROWCOUNTで処理件数を取得する

まずはInsertした処理件数を取得します。

上記のSQLを実行すると

となり、INSERTで最後のステートメントの影響を受けた処理件数は
1件になります。
当たり前ですね。

でも、1行のINSERT文で複数のデータを挿入する方法のように
1行のINSET文で複数行データを挿入すると

の実行結果は

のようにちゃんと挿入した処理件数を@@ROWCOUNTが取得してくれます。

@@ROWCOUNTで更新件数を取得する

更新でも同様に

になります。

@@ROWCOUNTで削除件数を取得する

削除も

になり、処理件数が取得できます。

@@ROWCOUNTの注意事項

@@ROWCOUNTは直前のステートメントで影響を受けた件数なので

とすると2行目のPRINTで表示されている@@ROWCOUNTは1行目のPRINTを
表示した時点でクリアされるので

と0になってしまいます。
あとで「@@ROWCOUNT」の値を利用したい場合は
他の変数に保存しておく必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

SQLServer

SQLServerでトリガーを扱ってみる

INSERT、UPADTE、DELETEトリガーを扱ってみる SQLServerにはテーブルに対し

記事を読む

SQLで日付範囲の重複をチェックする

SQLで日付範囲の重複をチェックする SQLで日付範囲の重複をチェックする必要が出たので調査しまし

記事を読む

ALTER TABLEで既存のテーブルのプライマリーキー(主キー)を変更する

ALTER TABLEで既存のテーブルのプライマリーキー(主キー)を変更する ALTER TA

記事を読む

Transact-SQLで動的にSQLを編集してカーソルを使用する

2時間もハマったのでメモ書きとして記述します。 Transact-SQLで動的にSQLを編集し

記事を読む

SQLServerのSQL_VARIANT_PROPERTYを使ってカラムの基本データ型を取得する

このページはSQL_VARIANT_PROPERTYを使ってカラムの基本データ型を取得すると重複して

記事を読む

SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する2

過去の投稿「SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する1」で示した方法では 1つ

記事を読む

システム日付を取得する

様々な関数でコンピューターのシステム日付を取得する SQLServerのインスタンスを実行している

記事を読む

sp_columns – SQL Serverでカラムの型を取得する

SQL Serverで定義されているテーブルのカラムの型を取得する SQL Serverで定義され

記事を読む

SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する1

ストアドプロシジャーのソースを表示します。

記事を読む

集計関数COUNT()でのNULLの扱い

集計関数COUNT()でのNULLの扱いは注意が必要 集計関数のCOUNT()は条件にマッチす

記事を読む

SQLで大文字、小文字変換を行う

SQLで大文字⇔子文字変換を行う SQLで大文字⇔小文字変換を行うに

SQLServerで作ったテンポラリテーブルが見つからず無効になってしまう

SQLServerでテンポラリテーブルを利用して処理を行う時に 「オ

SQLで日付範囲の重複をチェックする

SQLで日付範囲の重複をチェックする SQLで日付範囲の重複をチェッ

SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示する2

過去の投稿「SQL Server-ストアドプロシジャーのソースを表示す

SQLサーバ
1行のINSERT文で複数のデータを挿入する方法

1行のInsertで複数件のデータ挿入 これまでは1行INSERT文

→もっと見る



PAGE TOP ↑