@@ROWCOUNTで処理した件数を取得する

公開日: : 最終更新日:2016/07/19 SQL Server ,

@@ROWCOUNTは直前に処理した件数を取得するための関数

SQLServerでは実行したSQLで影響を与えた処理件数を
@@ROWCOUNTを使用することで取得できます。

@@ROWCOUNTで処理件数を取得する

まずはInsertした処理件数を取得します。

上記のSQLを実行すると

となり、INSERTで最後のステートメントの影響を受けた処理件数は
1件になります。
当たり前ですね。

でも、1行のINSERT文で複数のデータを挿入する方法のように
1行のINSET文で複数行データを挿入すると

の実行結果は

のようにちゃんと挿入した処理件数を@@ROWCOUNTが取得してくれます。

@@ROWCOUNTで更新件数を取得する

更新でも同様に

になります。

@@ROWCOUNTで削除件数を取得する

削除も

になり、処理件数が取得できます。

@@ROWCOUNTの注意事項

@@ROWCOUNTは直前のステートメントで影響を受けた件数なので

とすると2行目のPRINTで表示されている@@ROWCOUNTは1行目のPRINTを
表示した時点でクリアされるので

と0になってしまいます。
あとで「@@ROWCOUNT」の値を利用したい場合は
他の変数に保存しておく必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

再帰SQLで歯抜けの日付データを取得する

再帰SQLを使って歯抜けの日付データを取得 処理が自動実行(バッチ処理)で実行された日付を管理して

記事を読む

SQLで指定された年月日の月末日付を取得する

指定された年月日の月末日付を取得 SQLserverには指定された年月日の月末日付を取得する関

記事を読む

ALTER TABLEで既存のテーブルのプライマリーキー(主キー)を変更する

ALTER TABLEで既存のテーブルのプライマリーキー(主キー)を変更する ALTER TA

記事を読む

SQLで西暦から和暦変換を行う

SQLを使って西暦から和暦変換を行う SQLServerには西暦和暦変換関数が無いようなので、

記事を読む

日付の重複をSQLで検索する

SQLを使って期間の重複を見つけ出す SQLを使って、開始日付、終了日付を持っているレコードの

記事を読む

SQLで改行コードを含む項目を取得する

SQLで改行コードを含む項目を検索する Microsoft SQL Server Managemn

記事を読む

データベースに登録されている内容を固定長の長さで出力する(2)

登録されている内容を固定長の長さで出力する 先日作成したデータベースに登録されている内容を固定長の

記事を読む

SQLServerのSQL_VARIANT_PROPERTYを使ってカラムの基本データ型を取得する

このページはSQL_VARIANT_PROPERTYを使ってカラムの基本データ型を取得すると重複して

記事を読む

SQLでビット演算を行う

SQLServerでのビット演算 SQLServerのT-SQLでビット演算を使って、該当のデータ

記事を読む

SQLServerでsp_renameを使ってテーブルの列名を変更する

SQLServerで列名を変更するには sp_renameを使って列名を変更 SQLServ

記事を読む

テーブルにユニークインデックス(UNIQUE INDEX)を作成する

テーブルにユニークインデックス(UNIQUE INDEX)を作成

Transact-SQLで日本語を(2バイト文字)を含むデータの扱い

Transact-SQLで日本語を(2バイト文字)を含むデータをそのま

SQLで改行コードを含む項目を取得する

SQLで改行コードを含む項目を検索する Microsoft SQL

SQLServerでSQLを使ってテーブルのカラム名(項目名)を取得する

SQLでテーブルのカラム名(項目名)を取得 Oracleでは

SQLでビット演算を行う

SQLServerでのビット演算 SQLServerのT-SQLでビ

→もっと見る



PAGE TOP ↑