@@ROWCOUNTで処理した件数を取得する

公開日: : 最終更新日:2016/07/19 SQL Server ,

@@ROWCOUNTは直前に処理した件数を取得するための関数

SQLServerでは実行したSQLで影響を与えた処理件数を
@@ROWCOUNTを使用することで取得できます。

@@ROWCOUNTで処理件数を取得する

まずはInsertした処理件数を取得します。

上記のSQLを実行すると

となり、INSERTで最後のステートメントの影響を受けた処理件数は
1件になります。
当たり前ですね。

でも、1行のINSERT文で複数のデータを挿入する方法のように
1行のINSET文で複数行データを挿入すると

の実行結果は

のようにちゃんと挿入した処理件数を@@ROWCOUNTが取得してくれます。

@@ROWCOUNTで更新件数を取得する

更新でも同様に

になります。

@@ROWCOUNTで削除件数を取得する

削除も

になり、処理件数が取得できます。

@@ROWCOUNTの注意事項

@@ROWCOUNTは直前のステートメントで影響を受けた件数なので

とすると2行目のPRINTで表示されている@@ROWCOUNTは1行目のPRINTを
表示した時点でクリアされるので

と0になってしまいます。
あとで「@@ROWCOUNT」の値を利用したい場合は
他の変数に保存しておく必要があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14 follow us in feedly

関連記事

keybord_black

テーブル型を戻り値とする関数の作成方法

SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQLServerではINT型やVARCH

記事を読む

no-img

SELECT INTOで既存テーブルのデータを新規テーブルにコピーする

既存テーブルのデータを新規テーブルにコピーします。 簡単だが結構忘れるのでメモします。

記事を読む

no-img

既に存在するテーブルに他のテーブルからデータをINSERTする方法

テーブルからテーブルへデータコピー 以前の投稿SELECT INTOで既存テーブルのデータを新規テ

記事を読む

a0001_013635

指定した列名がどのテーブルで使用されているか検索するSQL

指定した列名を利用しているテーブルを検索 SQLServerで指定した列名がどのテーブルで使用され

記事を読む

no-img

ISNULLとCOALESCEは動作が異なる

ISNULLとCOALESCEは動作が異なるので注意が必要 とある人が作成したSQLを見ているとC

記事を読む

no-img

SELECTした結果をランダムに並び変える

SQLでSELECTした結果をランダムに並び変えて表示する SQLServerでSELECTした結

記事を読む

no-img

SQL Server-登録されているストアドプロシジャーの一覧を取得する

データベースに登録されているストアドプロシジャーの 一覧を取得します。

記事を読む

no-img

SQLで西暦から和暦変換を行う

SQLを使って西暦から和暦変換を行う SQLServerには西暦和暦変換関数が無いようなので、

記事を読む

no-img

SQLServerで自動で連番を設定する

カラムに自動で連番を設定する 自動で連番を設定し、レコードを管理する場合に 重宝するカラムの属性

記事を読む

no-img

データベースに登録されている内容を固定長のファイルに出力する(1)

登録されている内容を固定長で出力 データベースに登録されている内容を固定長のファイルに 出力する

記事を読む

no-img
複数のストアドプロシージャ (stored procedure) でローカルテンポラリテーブルを共有する

ローカルテンポラリテーブルを共有する 先日来より悩んでいたSQL

no-img
NULLの検索はIS NULL演算子を使う

SQLでNULLのカラムを検索 SQLでNULLのカラムを検索す

no-img
Transact-SQLで動的にSQLを編集してカーソルを使用する

2時間もハマったのでメモ書きとして記述します。 Transact

a0001_013635
SQLで改行コードを含む項目を取得する

SQLで改行コードを含む項目を検索する Microsoft SQL

no-img
SQL Server2008で導入された[date/time/datetime2/datetimeoffset]型

SQL Server2008では新しい日付/時刻データ型 date/

→もっと見る



PAGE TOP ↑