WordPress

403 forbiddenエラーが出てプラグインが設定できない

投稿日:2013/01/17 更新日:

プラグインが設定できない

このブログは「さくらのレンタルサーバ」で運用しているのですが、
ちょっとした事情で「ロリポップサーバ」でもWordPressを運用することになりました。


WordPressは無事インストール

ロリポップサーバはサブドメイン方式で複数のWordPressをインストールして運用して見るつもりでしたので、サブドメイン用のフォルダー作って、サブドメインを取得して1時間ほど待つと、サブドメインでフォルダーにアクセス出来るようになったので、早速ロリポップサーバの簡単インストールでWordPressの設置をしました。

「簡単インストール」なんでいともあっさりとインストール作業は完了。

プラグインを設定しようとするもforbiddenエラー

テーマも変更して、いろいろなプラグインをインストールしようとするとトライ。

まずはAdSense Managerプラグインをインストールして広告を追加しようすることとする。
おや?「403 forbidden」と画面に表示されエラー終了。
何度やっても「403 forbidden」。

う~ん困った。さくらのレンタルサーバではこんな現象起きなかったよ。

フォルダーのアクセス権がまずいのかな・・・?

急遽FTP画面でフォルダーのアクセス権を確認するも問題なさそう・・・。

やっぱり慣れている「さくらのレンタルサーバー」にすれば良かったか・・・と思いつつ、一晩寝かせることに。

一晩寝かせてもforbiddenエラー

一晩寝かせて、再度AdSense Managerプラグインをインストール・・・でもやっぱりforbiddenエラー。

forbiddenエラーの解決方法

ロリポップレンタルサーバーには「WAF」なるものがあるのを発見。

調べてみるとどうやらこのファイヤーウォールでインストールがフォルダーにアクセスに行くと弾かれている
もよう。
WAFは「Web Application Firewall」というらしい。

ちょっとWAF(Firewallなんで)無効にするのは怖いけど仕方ないので、早速ロリポップレンタルサーバの管理画面から該当サブドメインの「WAF」を無効に設定。

再度AdSense Managerプラグインをインストール。
でもやっぱりエラー。



う~ん、仕方ないのでしばらく寝かせて10分後に再度実行。
するとAdSense Managerが正常に登録できました。

やっぱり家宝は寝て待てと。

WAF(Web Application Firewall)を無効にすることの善悪は別として、これで通常のWordPressサイトの運用が可能になりました。

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方ですが、最近ではブログを立ち上げて、そこから広告収入を得る「アフィリエイト」が随分一般的になりました。 私の周りでも実際にやっている人が多くいます。 アフィ ...

プログラミング 2

SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見ました。 SQLでIFを使わずに条件 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでは「ユーザー定義型」と呼ばれる独自のテーブル型をした戻り値を返す関数を作成することができます。 その作り方と使い方を解説します。 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を ...

5

アフィリエイトでいきなり成果を出すのは難しいです。 でも、成果がないとレンタルサーバー代やドメイン代がペイできません。 しかも長い間、結果がでないとやる気もなくなってしまいます。 そういったことを防ぐ ...

-WordPress
-, ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2018 All Rights Reserved.