Boostrapでマージン(margin)とパディング(Paddning)を指定する方法

Boostrapでのマージン(margin)とパディング(Paddning)の指定は既定のクラスが設定されているので、そのクラスを利用するとマージン(margin)とパディング(Paddning)が設定できます。

スポンサーリンク

Boostrapでのマージン(margin)とパディング(Paddning)の指定

Boostrapではマージン(margin)とパディング(Paddning)に関するクラスが以下のように設定されています。

マージン(margin)
  • mt(上マージン)
  • mb(下マージン)
  • ml(左マージン)
  • mr(右マージン)
  • mx(左右マージン)
  • my(上下マージン)
  • m(上下左右マージン)
パディング(paddning)
  • pt(上パディング)
  • pb(下パディング)
  • pl(左パディング)
  • pr(右パディング)
  • px(左右パディング)
  • py(上下パディング)
  • p(上下左右パディング)

覚え方は「margin」は「m」、「Paddning」は「p」と「Top(上)」は「t」、「Bottom(下)」は「b」、「Right(右)」は「r」、「Left(左)」は「l」、「X軸(左右)」は「x」、「Y軸(上下)」は「y」を組み合わせて設定します。

実際にはマージン(margin)、パディング(paddning)は以下に定義されている大きさと組み合わせて指定します。

マージン(margin)の大きさ
  • 0(margin:0)
  • 1(margin:0.25rem)
  • 2(margin:0.5rem)
  • 3(margin:1rem)
  • 4(margin:1.5rem)
  • 5(margin:3rem)
  • auto(margin:auto)
パディング(paddning)の大きさ
  • 0(padding:0)
  • 1(padding:0.25rem)
  • 2(padding:0.5rem)
  • 3(padding:1rem)
  • 4(padding:1.5rem)
  • 5(padding:3rem)
  • auto(padding:auto)

以下が実際の指定のサンプルです。
(Sapmle)

以上、Boostrapでマージン(margin)とパディング(Paddning)を指定する方法でした。

タイトルとURLをコピーしました