sqlite3.exeでSELECT文の結果にカラム名をヘッダーとして表示する方法

sqlite3.exeでデータベースのテーブルをSELECTした時にデフォルトではカラムが表示されません。

多くのカラムをSELECTした時にわかりにくいですね。

これを表示するには「.headers」コマンドを利用して「ON」に設定してやるとSELECT文の結果にカラム名をヘッダーとして表示することができます。

スポンサーリンク

SELECT文の結果にカラム名をヘッダーとして表示

qlite3.exeでSELECT文の結果にカラム名をヘッダーとして表示するには「.headers」コマンドを利用します。

.headers [on|off]

※上記の例で言うと5行目がカラム名をヘッダーとして出力された結果です。

また現在の設定値を確認するには「.show」コマンドを利用することで確認できます。

.show

ただし、一度「sqlite3.exe」を終了すると「.headers」は「off」に戻ってしまうようです。ちょっと不便。

まとめ

sqlite3.exeでSELECT文の結果にカラム名をヘッダーとして表示するには「.headers」コマンドを利用すると実現できます。

以上、sqlite3.exeでSELECT文の結果にカラム名をヘッダーとして表示する方法でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フリューゲル
スポンサーリンク
SQLite
このサイトをフォローする
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました