SQLite3のコマンドプロンプトから操作するツール「sqlite3.exe」をダウンロードする方法

SQLite3のデータベースをWindowsのコマンドプロンプトから操作するためのツール「sqlite3.exe」をダウンロードします。

「sqlite3.exe」をダウンロードすることによって簡単にデータベースにテーブルを作ったり、データをInsert,Update,Deleteしたりできるようになります。

スポンサーリンク

SQLite3の「sqlite3.exe」をダウンロードする方法

SQLite3の「sqlite3.exe」のダウンロードは以下のサイトから行います。

SQLite Home Page

上記サイトの「Download」メニューをクリックします。
sqlite3.exeのダウンロード画面

次に今回はWindowsでを使うので「sqlite-tools-win32-x86-3310100.zip」を選択します。
sqlite3.exeのダウンロードパッケージ選択画面

最後にダウンロードしたファイルを適切なフォルダーにコピーして、Windowsの環境変数にPATHをとおしておきます。
sqlite3.exeのダウンロードした中身

これでWindowsのコマンドプロンプトから「sqlite3」と入力すればSQLite3のデータベースを操作することができるようになります。

まとめ

SQLite3のデータベースをWindowsのコマンドプロンプトから操作するためのツール「sqlite3.exe」はダウンロードしてWindowsの環境変数にPATHをとおすだけで利用できるので、ぜひダウンロードして活用してください。

以上、SQLite3のコマンドプロンプトから操作するツール「sqlite3.exe」をダウンロードする方法でした。

タイトルとURLをコピーしました