PostgreSQLでトリガーの有効/無効を切り替える方法

PostgreSQL のトリガーは一時的に無効にしたり、無効にしたトリガーを有効にしたりすることができます。

この記事ではトリガーの有効/無効を切り替える SQL を解説します。

PostgreSQLのトリガーを無効にする方法

PostgreSQLのトリガーを無効にするには ALTER TABLE 文でトリガー名を指定指定して無効にします。

トリガーを無効にする SQL は以下の通りです。

ALTER TABLE [テーブル名] DISABLE TRIGGER [トリガー名]

これで指定したテーブルのトリガーが無効になり、トリガーイベントが発生しなくなります。

PostgreSQLのトリガーを有効にする方法

PostgreSQLで無効にしたトリガーを有効にするには ALTER TABLE 文でトリガー名を指定指定して有効にします。

トリガーを無効にする SQL は以下の通りです。

ALTER TABLE [テーブル名] ENABLE TRIGGER [トリガー名]

これで指定したテーブルのトリガーが有効になり、トリガーイベントが発生するようになります。

まとめ

PostgreSQL でテーブルに設定されているトリガーを有効にしたり無効にしたりするには ALTER TABLE 文を使って ENABLE TRIGGER(有効)、DISABLE TRIGGER(無効)で切り替えることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SQL学習におすすめの本
PostgreSQL
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました