Google Search Consoleでソフト404ページエラーが発生した場合の解決方法

SEO対策に関する記事のサムネイル画像 SEO対策

Google Search Consoleに「ソフト404ページエラー」が表示される場合があります。

本来はHTTPでアクセスしてそのページが存在しない場合はステータスコードとして「404 (NOT FOUND)」が返されるはずですが、サイトの不具合などで「200 (OK)」と正常というコードを返してしまうことがあります。

この時にGoogle Search Consoleでは「存在しないのに正常でコードが返ってきた」ということでソフト404ページエラーというエラーを通知してくれます。

スポンサーリンク

ソフト404ページエラーが発生

Google Search Consoleを覗くとクロールエラーに「ソフト404ページエラー」ってのが発生していました。

でも、「ソフト404ページエラー」って何なんでしょう?

ソフト404ページエラーとは

ソフト404ページエラーとは

通常のカスタム404ページのように見えるものの、 ステータスコードが404ではなく、通常のWEBサイト閲覧と同様に200(OK)で処理されているページのこと

です。

つまり、本来はHTTPでアクセスしてそのページが存在しない場合はステータスコードとして「404 (NOT FOUND)」が返されるはずですが、サイトの不具合などで「200 (OK)」と正常というコードを返してしまうエラーのことです。

なぜ突然こんなことになったのかは不明ですが、Googleの検索ロボットに取っては問題となっているので、下記のサイトを参考に解決方法を探ります。

ソフト404ページはウェブマスターとして微妙に恥ずかしい | 初代編集長ブログ―安田英久
ソフト404とは、システムの不備で出る「おかしな状態」

とりあえず、そのに書いてあるHTTP Web-Snifferというサイトで調べられるらしいので、調べてみました。

結果は存在しないURLを指定するとちゃんと「404エラー」になりました。

でも、WEBマスタツールにのっているURLを指定すると確かに「200 OK」で返って来ます。

しかもそのURLは変な日本語のタグのURL。

とりあえずGoogle Search ConsoleでそのURLの削除依頼をしました。

正常なサイトであればそのうちエラーは解消されると思いますが、気持ち悪い方はURLを削除依頼するのも1つの手だと思います。

以上、Google Search Consoleでソフト404ページエラーが発生した場合の解決方法でした。

タイトルとURLをコピーしました