ブログ運営

はてなブログの404 NOT FOUNDページをカスタマイズする方法

投稿日:

「404 NOT FOUNDページ」はブログを長く運営していると記事の削除や、URLの変更、間違えたURLを入力されたりして記事が見つからない時に表示されるページです。

はてなブログにも「404 NOT FOUNDページ」は用意されているですが、少しシンプルなので、この標準のページを少しカスタイマイズしてみます。

カスタマイズの方針は画像を表示して「申し訳ない感」を出しつつ、自分のサイトの人気記事の一覧を表示させて離脱を防ぐようにします。

404 NOT FOUNDページカスタマイズ

記事の削除やURLの変更なのどで指定されたページが見つからない時に表示されるのが、「404 NOT FOUNDページ」です。

まず今回カスタマイズが完成した結果は以下のようになります。

カスタマイズしたはてなブログの404 NOT FOUNDページ。

画像の準備

今回はフリーの画像から「申し訳ない感」ものをダウンロードし、自分の画像ライブラリーに追加しています。

おすすめ記事をはてブの多いものに変更

離脱を防ぐ記事の一覧は「はてなブログ」のもともとの機能を使って「はてなブックマークの多い記事10個」を表示するようにしました。

実際のソース

以下が実際に追加したソースです。

このソースを「デザイン」の「カスタマイズ」の「ヘッダー」に追加します。
(JQueryが必要なのでまだ追加していない方は追加してください。)
※注意:画像はご自分で用意して該当のURLに変更してください。

スマートフォンでの表示も「レスポンシブ対応」しているテーマを利用していれば、表示されるはずです。

まとめ

今回は「はてなブックマークの多い記事」を表示しましたが、工夫次第で色々な情報が表示できると思います。

「404 NOT FOUNDページ」は表示される機会は少ないので、あまり見えませんが、それほど難しくはないのでカスタマイズしてみてはどうでしょうか?

※利用するテーマによっては正しく表示できないものもあるようです。
※この記事はわたしが運営しているサイト「はてなブログの404 NOT FOUNDページをカスタマイズする方法」からの転載です。

以上「はてなブログの404 NOT FOUNDページをカスタマイズする方法」でした、

スポンサーリンク

当サイトのおすすめ記事

パソコン 1

初心者でも失敗しないレンタルサーバーの選び方ですが、最近ではブログを立ち上げて、そこから広告収入を得る「アフィリエイト」が随分一般的になりました。 私の周りでも実際にやっている人が多くいます。 アフィ ...

プログラミング 2

SQLでIFを書けばWHERE句の内容を変えて検索できますが、条件ごとに同じようなSQLを 複数回書くのは面倒なので、1行で分岐できないかと言う事でSQLを作って見ました。 SQLでIFを使わずに条件 ...

SQLServer 3

SQLServerで発生するエラーコードをSQLで取得する SQLServerで発生したエラーコードの内容を メッセージが定義されているテーブルから取得します。 エラーコードを取得するSQL SQLs ...

4

SQLServerでは「ユーザー定義型」と呼ばれる独自のテーブル型をした戻り値を返す関数を作成することができます。 その作り方と使い方を解説します。 SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を ...

5

アフィリエイトでいきなり成果を出すのは難しいです。 でも、成果がないとレンタルサーバー代やドメイン代がペイできません。 しかも長い間、結果がでないとやる気もなくなってしまいます。 そういったことを防ぐ ...

-ブログ運営
-, ,

Copyright© ソフトウェア開発日記 , 2018 All Rights Reserved.