SQLで改行コードを含む項目を取得する

公開日: : SQL Server ,

SQLで改行コードを含む項目を検索する

Microsoft SQL Server Managemnet Studioで検索SQLを
実行すると結果ペインにその結果が表示されます。

しかしながら改行を含む項目を検索しても
結果ペインには1行のデータとして表示されます。

デフォルトでの表示

まずは取得するストアドプロシジャーを作ってみます。

で、そのソースを取得するには

を実行するれば取得できます。

結果は

のように1行になってしまいます。

検索結果をテキストで表示

上記のような結果ではストアドプロシジャーの
ソースなどを表示させても見にくいので
なんとか「改行」をそのまま表示できないものかと
調べてみると、ありました。
なんと「結果をテキスト」で表示が。

方法はメニューの
「クエリ(Q)」→「結果の出力(R)」→「結果をテキストで表示(X)」
を選択します。

選択したあとの実行結果は

と見事、改行もそのまま表示されています。

あきらめずにやれば出来るものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 13 follow us in feedly

関連記事

0で埋めで固定長のデータにする

0で埋めで固定長のデータにする データべース内のデータを0埋めして取得します。 RIGHT(

記事を読む

テーブル型を戻り値とする関数の作成方法

SQLServerでテーブル型を戻り値とする関数を作る SQLServerではINT型やVARCH

記事を読む

SQLServerではTRIM関数がありません

SQLServerでは空白を取り除くTRIM関数がない SQLServerではOracleやMyS

記事を読む

SQLServer上にあるテーブルの更新日時を取得する。

テーブルの更新日時を取得 SQLServer上にあるストアドプロシージャーの更新日時を取得するで

記事を読む

SQLで順位を取得するRANK()とDENSE_RANK()

SQLで順位を取得する SQLServerで項目の順位付け関数を利用して 順位をします。

記事を読む

ISNULLとCOALESCEは動作が異なる

ISNULLとCOALESCEは動作が異なるので注意が必要 とある人が作成したSQLを見ているとC

記事を読む

集計関数COUNT()でのNULLの扱い

集計関数COUNT()でのNULLの扱いは注意が必要 集計関数のCOUNT()は条件にマッチす

記事を読む

指定された月の日数をSQLで求める

指定された月の日数をSQLで求める SQLServerには該当月の日数を求める関数がないので

記事を読む

SQLServerでsp_renameを使ってテーブルの列名を変更する

SQLServerで列名を変更するには sp_renameを使って列名を変更 SQLServ

記事を読む

SQLServer

GROUP BYとHAVINGを使ってデータの重複を探しだすSQL

GROUP BYとHAVINGで重複を探す SQLでGROUP BYとHAVINGを使ってデー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

SQLで順位を取得するRANK()とDENSE_RANK()

SQLで順位を取得する SQLServerで項目の順位付け関数を利用

SQLServer
bcpコマンドを使ってBULK INSERT用のフォーマットファイルを出力する

bcpコマンドを使ってBULK INSERT用のフォーマットファイルを

SQLで月曜日始まりのカレンダー作成

カレンダー作成 SQLServerで月曜日始まりの1週間分のカレンダ

SQLで前の行と同じ値は表示しないようにする

前の行と同じ値は表示しない SQLで前の行と同じ値は表示しないように

SQLで大文字、小文字変換を行う

SQLで大文字⇔子文字変換を行う SQLで大文字⇔小文字変換を行うに

→もっと見る



PAGE TOP ↑