Windows10にPHPの開発環境(XAMPP)をインストールする方法

PHPのアプリケーションを本格的に開発してみようと思い、まずは開発環境を整えることにしました。

macOSにはデフォルトでPHPがインストールされており、簡単な文法確認程度ならそれで十分なのですが、Windowsでも同時に開発できた方が私にとっては便利なので、開発環境を作成します。

スポンサーリンク

Windows10にPHPの開発環境(XAMPP)を作成

開発環境を作ると言っても難しいことはなく、メジャーなXAMPPをそのままインストールすることで済ませます。
(難しいことをして手間を取られるより、できあいのものでちょこっと済ませた方がお得です。)

XAMPPとは

XAMPPとは

  • Apache(WEBサーバー)
  • MySQL(データベースエンジン)
  • PHP(開発言語)
  • Perl(開発言語)

を1つにまとめたパッケージです。

XAMPPのダウンロード

まずはXAMPPをダウロードします。

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends
XAMPP is an easy to install Apache distribution containing MariaDB, PHP and Perl.

上記のURLからWindows用のプログラムをダウンロードします。

XAMPPのインストール

XAMPPのインストールは出てくる画面の指示に従って進めていくだけで難しくはありません。
XAMPPインストール開始画面
インストールするアプリケーションを選択します。
(別に全部でも構いませんが、今回は必要なものだけを選択しました。)
XAMPPインストールアプリケーション選択画面
XAMPPをインストールするディレクトリを指定します。
XAMPPインストール先の指定画面
なんか言ってますが「NEXT」でOK。
(チェックボックス外さないとブラウザーが起動してなんか見せられます。)
XAMPPインストール
いよいよインストール開始です。
XAMPPインストール確認画面
ひたすらインストールが終了するのを待ちます。
XAMPPインストール中画面
待つこと数分、XAMPPのインストール終了です。
XAMPPインストール完了画面

XAMPPの起動

XAMPPを起動すると以下の画面が出てくるので「Apach」と「MySQL」を起動。

起動後ブラウザーに「http://localhost/」と入力して
XAMPP起動正常の画面
と表示されればインストールは正常に完了し、起動されています。

PHPのプログラムを実行

PHPのプログラムを実行するにはXAMPPをインストールしたディレクトリの「htdocs」以下にファイルを保存します。

上記のプログラムを実行して
XAMPPでPHPを実行した結果
と表示されていればOKです。

まとめ

Windows10にPHPの開発環境を作成するにはXAMPPを利用すれば簡単に構築することができます。

これでいつもでPHPのプログラムの動作確認が簡単に行えるようになりました。

以上、Windows10にPHPの開発環境(XAMPP)をインストールする方法でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PHP
このサイトをフォローする
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました