C言語のtypedefの使い方

C言語にはtypedefというキーワード(予約語)があります。

このtypedefは新しく型を宣言する際に利用します。

スポンサーリンク

typedefの使い方

C言語のtypedefを使うと標準で定義されているcharやint、longなどと同様に扱える新しい型を定義できます。

typedefで既存の型うを別名で定義する

typedefはうまく使うと、標準で定義されている型を短くしたり、わかりやすくしたりするための「別名定義(エイリアス:alias)」に使えます・

typedef unsgined char * UCHAR ;
unsigned char *c1 ;
UCHAR c2 ;

上記の例では「unsinged char *」の別名「UCHAR」を定義して宣言部分を短くしています。

また、統一された別名定義を利用することで「unsigned」抜けたりするのを防いで、全体の整合性を保つことにも役立ちます。

typdefで新しい型を作り出す

typedefは新しい型を作り出すことができます。

例えば、構造体のような型を作り出すことで、関連したデータをひとまとまりの型として、あつかうことができるようになります。

typedef struct new_type *new_type ;
typedef struct new_type {
    int cnt ;
    char name[ 1000 ] ;
} NEW_TYPE;

まとめ

C言語ではtypedefを使うことで、新しい型や別名定義(エイリアス:alias)を作成できます。

このことによって関連するデータをひとまとまりのグループとして管理できるようになり、プログラムの見通しがよいプログラムが作成でき、メンテンナンス性の向上も見込めます。

積極的にtypedefを使っていきましょう。

以上、C言語のtypedefの使い方でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
C言語
このサイトをフォローする
スポンサーリンク
ソフトウェア開発日記
タイトルとURLをコピーしました